HOME »Sustainability(持続可能性) »グローバルでの社会貢献活動

グローバルでの社会貢献活動

写真をクリックすると拡大画像をご覧頂けます。

2009年、プロロジスでは地域やその他の各種団体を通じて、合計4,500時間(一人当たり平均約3.6時間)をボランティア活動に費やしました。また、提供した寄付金の総額は約105万ドル(約9,450万円)にのぼります。
*1米ドル=90円換算

グローバルでの社会貢献活動

ハイチ地震救援活動支援のための物流施設提供(米国)

救世軍がハイチに救援物資を届けるにあたり、フロリダ州の施設を提供
米国ハイチ大使館の救援物資の一時保管場所として、ワシントンDCの施設を提供

バーミンガムのアウトドア体験施設の改修工事(英国)

イギリス中西部にあるThe Ackersというアウトドア体験施設で、地面のメンテナンスや門・フェンスなどの組み立てに従事



ベッド製作ボランティア活動(メキシコ)

恵まれない家族に提供するため、地元のNPOとプロロジスの従業員が協力してベッドを制作し寄附

献血への協力(フランス)

フランス・リヨンと米国・デンバーの本社で、プロロジスの社員が献血活動に参加



物流についての講義を実施(ポーランド/メキシコ)

ワルシャワ(ポーランド)とメキシコシティ(メキシコ)で、プロロジスの地域の責任者が物流を学ぶ大学生向けに講義を実施

恵まれない家庭へのおもちゃ寄附(米国)

全米のプロロジスの社員が、クリスマスに合わせて恵まれない家庭の子供たちに12,000点以上のおもちゃを寄附