HOME »Sustainability(持続可能性) »環境負荷低減への取り組み

環境負荷低減への取り組み

写真をクリックすると拡大画像をご覧頂けます。

環境負荷低減への取り組み

プロロジスは物流施設のグローバルリーダーとして、日本においても再生可能エネルギーの活用に加えて、できるだけ環境負荷を低減した「人とモノにやさしい物流施設」の開発を積極的に進めています。


省エネルギーへの取り組み

高効率照明器具や人感センサーの採用、点滅区分の設定などにより施設内の省エネを推進
施設の外壁には、建物断熱性能を向上させる断熱パネルを採用


断熱パネル

断熱パネル

人感センサーの設置

人感センサーの設置


ソーラー照明灯

ソーラー照明灯

光触媒舗装道路(プロロジスパーク大阪2)

光触媒舗装道路
(プロロジスパーク大阪2)


光触媒舗装による排気ガス中の窒素酸化物の浄化

光触媒舗装道路の仕組み(イメージ図)

充実した緑化計画による豊かな環境の創造

敷地内の植栽等を充実させることで緑豊かな環境と憩いの場をご提供するとともにCO2削減にも貢献
雨水貯留槽を設置し、施設内の灌水などに利用


ウッドデッキ(プロロジスパーク習志野3)

ウッドデッキ(プロロジスパーク習志野3)

保存林(プロロジスパーク成田3)

保存林(プロロジスパーク成田3)


周辺環境に配慮した動線計画

敷地内はもちろん、周辺の交通環境にも渋滞を発生させないよう配慮
敷地の一部を歩道として整備・提供し、歩行者の安全を確保