HOME »Sustainability(持続可能性) »太陽光発電システムの導入

太陽光発電システムの導入

日本における太陽光発電システムの導入

プロロジスがグローバルで推進している再生可能エネルギー活用の一環として、日本においても太陽光発電システムの導入を進めています。
2009年の「プロロジスパーク座間1」における太陽光発電システム導入に続いて、各地域の施設屋根に太陽光発電システムの設置を順次進めています。

各施設での太陽光による発電量など、詳しくは下記URLをクリックしてご覧ください。


写真をクリックすると拡大画像をご覧頂けます。

施設屋根の賃貸提供

プロロジスパーク ジェニファー(オレゴン州ポートランド)

プロロジスパーク ジェニファー
(オレゴン州ポートランド)

米国では電力事業者へ施設屋根を賃貸提供し、太陽光発電システムを導入することで、クリーンエネルギーの供給に貢献しています。現在はカリフォルニア州、及びオレゴン州ポートランドにおいて、それぞれの地域の電力事業者がプロロジスの施設屋根に太陽光発電システムを設置し、発電されたクリーンエネルギーを地元の顧客に提供しています。


太陽光発電の実証実験

太陽光発電の実証実験場(コロラド州デンバー)

太陽光発電の実証実験場
(コロラド州デンバー)

世界本社のある米国コロラド州デンバーに所有・運営する物流施設の屋根に、不動産会社としては初となる太陽光発電システムの実験場を開設しました。 この実験場には様々な種類の99枚の太陽光モジュールを設置しており、実証実験を通じて得られたデータを活用して、今後も再生可能エネルギープロジェクトに積極的に取り組んでいきます。


風力発電システムの導入

「プロロジスパーク セントレア」と「プロロジスパーク大阪2」では、風力発電システムを導入しています。この風力発電システムによって発電された電力は、施設内の空調や敷地内街路灯、緑地の灌水などの電力として利用されています。


プロロジスパーク セントレア(愛知県常滑市)

プロロジスパーク セントレア(愛知県常滑市)
直径5mダクト付き、10kWシステム風力発電設備
4基を屋上に設置

プロロジスパーク大阪2(大阪市)

プロロジスパーク大阪2(大阪市)
4kWの小型風力発電システムを2基設置


カーボン削減の取り組み

ロゴ

プロロジスでは、毎年事業運営上で排出される二酸化炭素量を排出し、100%相殺しています。 2010年度は、カーボンオフセットにニュージャージー州ケープメイ(Cape May)の埋め立て地のプロジェクトを採用しています。