HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、埼玉県・川島町にマルチテナント型大型物流施設「プロロジスパーク川島」を開発スタート
2010年03月16日

プロロジス、埼玉県・川島町にマルチテナント型
大型物流施設「プロロジスパーク川島」を開発スタート

-プロロジス首都圏最大の施設、2011年6月竣工予定-

プロロジスパーク川島
                        プロロジスパーク川島 完成予想図


物流施設専門の不動産開発会社プロロジス(日本本社: 東京都港区東新橋)は、埼玉県比企郡川島町に「圏央道・川島インター産業団地」内に計画中であったマルチテナント型大型物流施設「プロロジスパーク川島(かわじま)」の開発を開始したと発表しました。

「プロロジスパーク川島」は圏央道川島インターチェンジに近接する76,831平方メートルの敷地に、延床面積166,665平方メートルの、プロロジスとして首都圏最大のマルチテナント型施設として開発されます。清水建設株式会社の設計・施工により2010年6月に着工し2011年6月に竣工予定であり、現在入居企業を募集しています。

「プロロジスパーク川島」について

■立地

「プロロジスパーク川島」は圏央道の川島インターチェンジに近接しており、圏央道を通じて関越自動車道・鶴ヶ島ジャンクションおよび中央自動車道・八王子ジャンクションへ直接アクセスできるほか、2012年までに東北自動車道へのルートの開通も予定されており、東日本全域へのアクセスに非常に優れた立地です。また、圏央道に加え、国道254号線により都心部へのアクセスも至便です。このように「プロロジスパーク川島」は物流の拠点としての利便性が非常に高く、広域配送の拠点としての活用性が高い施設です。

■施設概要

「プロロジスパーク川島」は、計画延床面積166,665平方メートルと、プロロジスが全国で展開する大型物流施設の中でも最大級の規模となります。各階に40フィートコンテナトレーラーが直接アクセスできるランプウェイを2基(上り専用、下り専用各1基)備えており、効率的な物流オペレーションが可能です。1階はワンフロアで約9,500坪、2~4階は中央車路の両側にそれぞれ約4,500坪以上のスペースを有しており、各フロアは最大4分割することが可能な計画です。加えて別棟の小型倉庫を計画しており、さまざまなカスタマーに対応することが可能です。また、約200台分のトラックバースおよび敷地内のトラック駐車場を備えているほか、約500台の従業員などのための乗用車用駐車場、駐輪場などを設ける予定です。 さらに、施設内にカフェテリア、休憩所や売店を設置することにより、従業員の方々が快適に過ごせるよう、配慮しています。また埼玉県田園都市産業ゾーン構想に則り、敷地外周に十分なグリーンベルトを設けているなど、川島町の豊かな田園環境と調和した、緑豊かな施設計画となっています。

「プロロジスパーク川島」概要

名称 プロロジスパーク川島
所在地 埼玉県比企郡川島町かわじま二丁目1番50、他
敷地面積 76,831m2(約23,241坪)
延床面積 166,665m2(約50,416坪)
構造 RC+S造 地上5階建
着工予定 2010年 6月
竣工予定 2011年 6月

またプロロジスは、茨城県常総市、常磐自動車道 谷和原インターチェンジより3.5キロの地点に新たに物流施設の開発用地を取得し、「プロロジスパーク常総(じょうそう)」の開発を計画中です。

「プロロジスパーク常総」概要

名称 プロロジスパーク常総
所在地 茨城県常総市内守谷
敷地面積 33,449m2(約10,118坪)
着工 計画中

プロロジスは、引き続き物流施設のリーディング・プロバイダーとして、日本において今後も全国でお客様の物流効率化のニーズにお応えできる、最新で優れた物流施設の開発・運営を積極的に進めていきます。

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。