HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、大阪府高槻市で新規物流施設「プロロジスパーク高槻」の起工式を挙行
2011年03月08日

プロロジス、大阪府高槻市で新規物流施設
「プロロジスパーク高槻」の起工式を挙行

-DNPロジスティクス向けビルド・トゥ・スーツ型施設を開発-

プロロジスパーク高槻


物流施設のリーディング・グローバル・プロバイダー、プロロジス(日本本社: 東京都港区東新橋)は、2011年3月8日、ビルド・トゥ・スーツ型(特定企業向け)物流施設「プロロジスパーク高槻」の起工式を大阪府高槻市の建設予定地にて執り行いました。

入居が決定している株式会社DNPロジスティクス 加藤 弘紀 代表取締役社長をはじめ関係者の方々、事業参画者である伊藤忠商事株式会社 金融・不動産・保険・物流カンパニー 木造 信之 執行役員 建設・不動産部門長や関係者の方々、施工を担当する株式会社フジタから白井 元之 取締役専務執行役員や関係者の方々、プロロジスからはプレジデント兼CEOの山田 御酒らが参列し、工事の無事そして今後の事業の発展を祈願しました。

「プロロジスパーク高槻」は株式会社DNPロジスティクスの専用施設として2012年1月に竣工する予定であり、同社が現在利用している2か所の拠点を集約・統合し、新たな拠点として利用されることになっています。

「プロロジスパーク高槻」について

「プロロジスパーク高槻」の開発予定地である高槻市柱本は大阪府の北東部に位置し、約5.5キロメートル北西に名神高速道路、中国自動車道、近畿自動車道のジャンクションである吹田JCTと、近畿自動車道の起点となる吹田ICが併設されています。さらに近畿自動車道摂津北ICから約3.4キロメートル、摂津南ICから約4キロメートル、国道1号線から約1キロメートル、国道171号線から約6キロメートルと交通アクセスに優れた北摂地域の物流要所に、物流総合効率化法に基づき、施設整備者のプロロジスと流通業務実施者であるDNPロジスティクスが共同で総合効率化計画認定を申請し、認定を受け開発されるものです。

■大阪府内のプロロジスパーク

「プロロジスパーク高槻」はプロロジスにとって大阪府内陸部初の物流施設の開発となります。大阪市此花区・舞洲地区にマルチテナント型施設「プロロジスパーク大阪II」(100%稼動中)、「プロロジスパーク舞洲III」(約83%稼動中、入居企業募集中)、ビルド・トゥ・スーツ型施設「プロロジスパーク舞洲IV」(センコー株式会社専用)の3棟を開発・運営しており、加えて大型マルチテナント型施設「プロロジスパーク大阪III」の開発を計画しています。

プロロジスは、全国においてお客様の物流効率化のニーズにお応えすべく、今後も物流施設の開発・ 運営を進めていく計画です。

「プロロジスパーク高槻」概要

名称 プロロジスパーク高槻
所在地 大阪府高槻市柱本7丁目661-2他
敷地面積 11,092m2
延床面積 20,855m2
構造 RC造(一部S造)、地上4階建
着工 2011年3月
竣工予定 2012年1月
Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。