HOME » リリース/お知らせ 一覧 » 日本と中国で計58,160平方メートルの新規賃貸契約を締結
2012年01月12日

日本と中国で計58,160平方メートルの
新規賃貸契約を締結

- 「プロロジスパーク川島」の稼働率は約90%に -

プロロジスパーク 川島 プロロジスパーク大阪4

     プロロジスパーク川島(埼玉県川島町)         プロロジスパーク大阪4(大阪市西淀川区)


グローバル物流不動産の所有・運営・開発のリーディング企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内)は、このたび日本と中国の3つの施設で4件、合わせて58,160平方メートルの新規賃貸契約を締結した、と発表しました。

【日本】

  • 埼玉県川島町に運営中の「プロロジスパーク川島」においてプロロジスのリピートカスタマーである医療機器、医薬品、硝子器材製品の大手メーカーと約17,000平方メートルを賃貸契約。
  • 同じく「プロロジスパーク川島」で大手菓子・食品商社と約7,000平方メートルを賃貸契約。これら2件の新規契約により「プロロジスパーク川島」の稼働率はおよそ90%となります。
  • 大阪市西淀川区に本年5月竣工予定の「プロロジスパーク大阪4」において、IT機器に特化した3PL会社と約11,100平方メートルを賃貸契約。

【中国】

  • 広州に今年2月に竣工予定の「プロロジス広州開発区ロジスティクスセンター 第2期」の1棟全体、約23,060平方メートルについて日系大手の3PL会社と賃貸契約。このカスタマーは「プロロジスパーク広州開発区ロジスティクスセンター 第2期」の施設を中国南部向けの地域物流の拠点として利用することになっています。

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:約150KB)
Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。