HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、日立物流専用物流施設「プロロジスパーク鳥栖2」竣工式を挙行
2012年08月02日

プロロジス、日立物流専用物流施設
「プロロジスパーク鳥栖2」竣工式を挙行

プロロジスパーク鳥栖2

物流不動産の所有・運営・開発のグローバル・リーディング企業であるプロロジス(日本本社:東京都 千代田区丸の内)は、2012年8月2日、ビルド・トゥ・スーツ型(特定企業向け)物流施設 「プロロジスパーク 鳥栖2」の竣工式を佐賀県鳥栖市の同施設内にて執り行いました。

竣工式には入居企業である株式会社日立物流 鈴木 登夫 代表執行役社長、荷主企業である久光製薬株式会社 中冨 博隆 代表取締役社長をはじめ関係者の方々、施工を担当した株式会社フジタから白井 元之 取締役専務執行役員 建設本部長や関係者の方々、プロロジスからは代表取締役社長の山田 御酒らが参列し、施設の完成を祝うと同時に、今後の事業の発展を祈願しました。

「プロロジスパーク鳥栖2」は株式会社日立物流 九州メディカル物流センターとして、久光製薬株式会社および沢井製薬株式会社の保管業務と配送業務を行う物流拠点として利用されることになっています。プロロジスは日立物流の物流施設のパートナーとして全国で施設を提供しており、メディカル専用センターとしては大阪舞洲地区での開発に続き2棟目となります。また、鳥栖市とその周辺地域においては、これまでにも専用施設1棟、マルチテナント型施設1棟を提供しており、今回が同社向けの3棟目の施設の開発・提供となりました。

「プロロジスパーク鳥栖2」について

「プロロジスパーク鳥栖2」は約15,591平方メートルの敷地に3階建て、延床面積22,898平方メートルの物流施設として開発されました。九州自動車道、大分自動車道、長崎自動車道や国道3号など九州の東西南北を結ぶ主要な幹線道路の結節点であり、博多港、福岡空港、有明佐賀空港など九州における物流の主要ハブや福岡市をはじめ近隣都市を結ぶ鳥栖インターチェンジから約1キロメートルの地点に位置しており、九州全域を対象とした物流拠点として最良の立地優位性を備えています。
また医薬品を扱うセンターとして、メンテナンス性に優れた全館空調方式を導入し、1階荷捌きスペースには低誘虫器具、高速シートシャッター、ドッグシェルターの設置、各階の倉庫窓に防虫フィルムを採用するなど配慮した施設づくりを行っています。
さらに、2棟の別棟倉庫を併設することで、より幅広い商品を取り扱うことが可能となり、医薬品専用センターとして優れた機能をもつ施設です。プロロジスでは、東日本大震災以降マルチテナント型施設には独自のBCPシステムを導入していますが、BTS(専用型)施設でも本年2月に竣工した「プロロジスパーク鳥栖4」に引き続き、「プロロジスパーク鳥栖2」についても細部まで耐震性に配慮し、働く方に優しく安全・安心な施設として開発しました。

プロロジスパーク鳥栖2

九州地区のプロロジスパーク

プロロジスは現在「プロロジスパーク鳥栖2」と同じ「グリーン・ロジスティクス・パーク鳥栖」内にパナソニック ロジスティクス専用施設「プロロジスパーク鳥栖4」を運営中です。また、九州地区では福岡県内において「プロロジスパーク福岡1」「プロロジスパーク福岡2」(共に福岡県糟屋郡)を運営中であり、他に「プロロジスパーク久山」(福岡県糟屋郡)などの開発計画を進めています。

「プロロジスパーク鳥栖2」 概要

名称 プロロジスパーク鳥栖2
所在地 佐賀県鳥栖市幡崎町1713番地
敷地面積 約 15,591 m2(約4,716坪)
延床面積 約 22,898 m2(約6,926坪)
構造 地上3階建
着工 2011年11月
竣工 2012年7月末

プロロジスはこれからも全国でお客様の物流効率化や新たな物流施設ニーズにお応えすべく、最新で効率的な物流施設を開発・運営し、提供していきます。

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:約350KB)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
プロロジス 広報室
TEL:03-6860-9090

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。