HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、埼玉県川島町でマルチテナント型施設「プロロジスパーク川島2」の竣工式を挙行
2014年03月18日

プロロジス、埼玉県川島町で マルチテナント型施設
「プロロジスパーク川島2」の竣工式を挙行

プロロジスパーク川島2

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内)は、2014年3月18日にマルチテナント型施設「プロロジスパーク川島2」の竣工式を埼玉県川島町の同施設内にて執り行いました。

竣工式には「プロロジスパーク川島2」に入居する株式会社髙山 富永 孝之 代表取締役社長をはじめ関係者の方々、東京ロジファクトリー株式会社 井上 操 代表取締役社長をはじめ関係者の方々、行政関係からは高田 康男 川島町長をはじめ関係者の方々、設計施工を担当した西松建設株式会社 近藤 晴貞代表取締役 社長をはじめ関係者の方々、プロロジスからは代表取締役社長 山田 御酒らが参列し、施設の完成を祝うと共に今後の事業の発展を祈願しました。

「プロロジスパーク川島2」は竣工に先立ち、すでに入居率100%となっています。

■ 開発地

「プロロジスパーク川島2」は、圏央道の川島インターチェンジから300m地点にある「川島インター産業団地」内に位置しており、24時間操業が可能です。圏央道は既に接続している中央自動車道と関越自動車道に加え、2014年度以降に東名高速道路、東北自動車道と接続する計画であり、東日本全域のみならず、中部や西日本地域へのアクセスが飛躍的に向上することが見込まれています。
開発地は、圏央道に加えて国道254号バイパス等、一般道による都心部へのアクセスにも優れる物流適地です。「プロロジスパーク川島2」の隣接地にあるマルチテナント型施設「プロロジスパーク川島」(延床面積約166,870平方メートル)は、現在稼働率100%です。

■ 施設概要

「プロロジスパーク川島2」は、ワンフロアが約4,000坪、1階と2階にトラックバースを備える3階建てのマルチテナント型施設です。2階のトラックバースは上り、下り専用のスロープを備え、ワンウェイで車両がアクセスでき効率的なオペレーションを実現します。庫内は梁下有効高を6.5m確保して保管効率を高めており、流通型、加工型に加えて保管型物流施設としても対応できます。特に1階については床積載荷重が1.8t/㎡、2.5t用フォークリフトを使用でき、多様な物流活動ニーズにお応えできます。
入居カスタマーの事業継続性への配慮としては、プロロジスのマルチテナント型施設の標準仕様である緊急地震速報システム、衛星携帯電話を導入しています。また、3階外壁に非常用搬出入用開口を設置し、災害時、停電時に荷物用エレベーター、垂直搬送機が使用困難に陥った場合の荷物の出し入れを可能としました。さらに、プロロジスがグローバルで推進している環境負荷を低減した物流施設開発の一環として、共用部全域と専用部の事務所と車路へLED照明を、また共用部のほぼ全域に人感センサー照明スイッチを採用し照明の消費電力の削減を図っており、CASBEE埼玉県ではAランクの評価を得ています。また、1,183kWの大規模太陽光発電システムを今年の秋までに導入する予定です。

■ 圏央道沿いのプロロジスパーク

プロロジスは圏央道沿いに、このたび竣工した「プロロジスパーク川島2」を含め、現在運営中の「プロロジスパーク川島」、2014年4月の竣工に向けて開発中の「プロロジスパーク北本」(埼玉県北本市、マルチテナント型施設)の3棟を運営・開発中です。加えて茨城県古河市において「プロロジスパーク古河1」、「プロロジスパーク古河2」を計画中であり、引き続き入居企業を募集しています。

プロロジスは、日本の各地域においてお客様の物流効率化のニーズにお応えすべく、今後も物流施設の開発・運営を進めてまいります。

「プロロジスパーク川島2」計画概要

名称 プロロジスパーク川島2
所在地 埼玉県比企郡川島町かわじま
敷地面積 28,103.12(約8,501.19坪)
延床面積 45,670.91(約13,815.45坪)
構造 RC造、S造 地上3階建
着工 2013年4月
竣工 2014年3月

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:約 270KB)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
プロロジス 広報室
TEL:03-6860-9030

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。