HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、大阪府門真市において株式会社加勢専用物流(BTS型)施設「プロロジスパーク門真」の開発を決定
2017年08月01日

プロロジス、大阪府門真市において
株式会社加勢専用物流(BTS型)施設
「プロロジスパーク門真」の開発を決定

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:山田御酒)は、3PL・4PL*企業の株式会社加勢(本社:大阪府大阪市、代表取締役:風間國義)と約16,000㎡の賃貸契約を締結し、大阪府門真市において加勢の専用物流施設「プロロジスパーク門真」を開発することを発表しました。

加勢はプロロジスのリピートカスタマーであり、かねてより門真市近郊で新拠点の整備を検討していました。このニーズに応えられる開発用地として、プロロジスは、既存カスタマーでもある株式会社日立物流から2016年に土地を取得。このたびの専用物流施設の開発が実現することになりました。

「プロロジスパーク門真」完成イメージ
「プロロジスパーク門真」完成イメージ


加勢は、「プロロジスパーク門真」を、高付加価値を有する戦略的拠点と位置付けています。大阪中心部至近に位置する希少な立地を活かし、従来の日雑品はもちろんのこと、Eコマースや医薬品などの物流業務の受託を想定しています。Eコマースでは、大阪・京都・神戸など関西の消費地へのアクセス利便性を活かし、商品の即日配送を含む輸配送業務や、流通加工業務を想定しています。また、日雑品、医薬品においても、自社の配送ネットワークを活用。近隣の病院や医療施設、調剤薬局などにも即日配送を可能とする物流網を整備し、より緊急性の高い商材を取り扱う企業及び物流会社をターゲットとして、荷主を募る考えです。

■ 開発地

「プロロジスパーク門真」は、大阪市内中心部まで約20分、京都市内中心部まで約35分の地点に都心型の物流施設として開発されます。近畿自動車道「門真」ICまで約900m、第二京阪道路「第二京阪門真」ICまで約1.5kmといずれも至近に位置しています。さらに、最寄り駅である大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線「門真南」駅から、心斎橋まで26分、梅田まで39分と、通勤の観点からも利便性が高い立地です。近隣には住宅地が広がり、雇用確保にも有利なエリアです。

■ 施設計画概要

「プロロジスパーク門真」は、約8,300㎡の土地に、4階建て延床面積約16,600㎡の物流施設として開発されます。医薬品等の保管を想定し、保冷庫の導入を検討しています。

「プロロジスパーク門真」計画概要

名称 プロロジスパーク門真
開発地 大阪府門真市東田町
敷地面積 約8,300(約2,510坪)
計画延床面積 約16,600(約5,020坪)
構造 地上4階建
着工予定 2017年11月
竣工予定 2018年10月

*4PL:複数の3PL企業ネットワーク化し、アウトソーシング業務を受託することで、より効率的な物流サービスを提供する事業者。

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:約290KB)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
プロロジス 広報室
TEL:03-6860-9030

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。