HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、米国/カナダとヨーロッパの物流施設マーケットについての調査レポートを発表
2010年09月30日

プロロジス、米国/カナダとヨーロッパの物流施設マーケットについての調査レポートを発表

物流施設のグローバル・プロバイダー、プロロジス(世界本社: 米国コロラド州デンバー NYSE: PLD)はこのたび「2010年上半期(1月~6月)期の米国/カナダおよびヨーロッパにおける物流施設マーケットについての調査レポート」を発表しました。これらのレポートは各地域のプロロジスの営業担当者や仲介会社、シンクタンクなどから集めたデータをもとに作成したものです。

■米国/カナダの調査レポート:主なポイント

  • 大型の物流施設スペースの空室率は2010年第1四半期の10.4%から第2四半期には10.2%に減少しています。(2009年下期(7月~12月)には実質的に横ばいでした。)
  • 全体の稼働率は2010年第2四半期に0.2%上昇し140万平方メートルの増加でしたが、2009年下半期の微増に比べると大幅な増加でした。
  • 2010年第2四半期に主要なマーケットにおける希望賃料は平均で1.6%減少し、9四半期連続の減少となりました。希望賃料は最も景気のよかった2008年第1四半期に比べ現在18.4%下回っています。
  • 新規の施設供給は2010年に過去最低を記録する見込みです。数少ない新規着工の大半が特定の顧客向けのビルド・トゥ・スーツ(BTS)型施設の開発です。
  • 商業不動産開発向けの貸出債権の損失の増加を考慮すると向こう数年間、米国の銀行が新規の商業不動産開発のために積極的に融資を行うかどうかは疑問です。
  • 今後について、一部の不動産アナリストは物流不動産マーケットの賃料が2012年か2013年に急上昇する可能性を示唆しています。

【米国/カナダの物流不動産マーケットについての調査レポートURL(英語版のみ)】
http://ir.prologis.com/research/USCanMarketResearchMY2010.cfm

■ヨーロッパ(英国および北・南・中央ヨーロッパ)の調査レポート:主なポイント

  • 2010年上半期にヨーロッパの物流施設マーケットへの投資の流れは、利回りにはほとんど影響がなかったものの、急激に上昇しました。
  • 2010年上半期中にはヨーロッパの全域で新規開発の開始は抑制されていました。(北欧やドイツ・ベネルクスなどの北ヨーロッパマーケットは例外です。)また数少ない新規開発スタートは基本的にビルド・トゥ・スーツ(BTS)プロジェクトでした。
  • 2010年半ばにはヨーロッパの物流施設の稼働率は安定していましたが地域によってばらつきがあります。オランダ、ベルギーや南ヨーロッパでは90%もしくはそれ以上ですが、中央ヨーロッパおよび英国では83~84%です。
  • ヨーロッパ全域の物流施設の需要はサプライチェーンの再構築、物流コスト削減への取り組みやサプライチェーンの効率化の流れに支えられ2010年上半期も引き続き堅調でした。
  • 欧州大陸における大型で近代的な効率的な物流施設の不足に加え顧客がヨーロッパ全域の物流効率向上を重視するようになったことが、今後の新たな物流施設スペース需要を牽引すると考えられます。

【ヨーロッパの物流不動産マーケットについての調査レポートURL(英語版のみ)】
http://ir.prologis.com/research/EuropeResearchMY2010.cfm

プロロジス・リサーチ・グループ(調査部門)は不動産とサプライチェーンの両面について物流業界の主要傾向や動向について業界のデータや社内のアナリストによる調査結果、関連する学術団体や専門家などの情報を収集・分析し、調査レポートにまとめています。今までにグローバルのサプライチェーンの動向、インターネット通販、RFID技術、拠点の海外移転や関連したトピックなどについての調査レポートを発行しており、過去の調査レポートはプロロジスのウェブサイトに掲載されています。

■プロロジス 調査レポート掲載URL(英語サイト):http://ir.prologis.com/research.cfm

*本資料は、2010年8月25 日と9月13日にプロロジスが米国にて発表した英文プレスリリースの抄訳です。

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。