HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジスとAMBプロパティコーポレーションが対等合併へ
2011年02月01日

プロロジスとAMBプロパティコーポレーションが対等合併へ

- 総所有・運営資産460億ドルの世界有数の不動産会社へ -

プロロジス(世界本社: 米国コロラド州デンバー NYSE: PLD)とAMB(世界本社: 米国カリフォルニア州サンフランシスコ NYSE: AMB)は2011年1月31日、対等合併により一体化することへの正式契約を締結し、圧倒的世界No.1の物流不動産の所有・運営・開発会社となることを発表しました。合併した暁には想定株式時価総額は140億ドル(1兆1,900億円*)となる予定であり、時価総額合計は240億ドル(2兆400億円*)を超えると同時に、総所有・運営資産は約460億ドル(3兆9,100億円*)となります。

契約条件に基づき、プロロジスの普通株はAMB社の普通株の0.4464に換算され、合併会社はアップリート(UPREIT)となります。合併手続きはAMB社とプロロジスの株主からの承認を含め慣例に従い行われることになっており、2011年第2四半期中に手続きを完了する見込みです。全ての株式合併は非課税での取引となる予定です。合併が完了した後の企業名はプロロジス、ニューヨーク証券取引所(NYSE)での銘柄のティッカーシンボル(企業コード)はPLDとなる予定です。

合併会社はそれぞれのカスタマーネットワークに対する強みを補完することになります。一体化されたポートフォリオは22カ国の主要な空港や港など物流の要所に位置する約6億平方フィート(5,570万平方メートル)の最新の物流施設を網羅することになります。両社は北米、西ヨーロッパおよび日本に確固たるポートフォリオを築いています。プロロジスは英国と中央および東ヨーロッパに確立した基盤があり、AMB社は中国とブラジルで大きな存在感を持っています。

マネジメントチームと統合

AMB社のCEOであるハミッド R. モガダムとプロロジスのCEO、ウォルター C. ラコウィッチが2012年12月31日まで共同CEOとして引き続き従事しますが、その後ラコウィッチは退任し、モガダムが合併会社の単独CEOとなります。モガダムは合併会社の取締役会会長となり、会社経営全体の指揮を執る予定です。ラコウィッチは主に2社のプラットフォームの統合および業務の責任者として、合併の効果を最大化することに注力します。2012年12月31日まではラコウィッチも執行役員会の会長を務めます。現プロロジスCFOのウィリアム E. サリバンは引き続きCFOを務め、2012年12月31日をもって退任します。この間、現AMB社CFOのトーマス S. オリンガーが日々の合併業務に従事し、両CEOにレポートすることになっており、2012年12月31日に合併会社のCFOに就任することになっています。

合併会社の取締役会はプロロジスの6名の取締役とAMB社の5名の取締役によって構成されます。現在プロロジスの取締役会のメンバーであるアービング E. ライオンズ3世が社外取締役会リーダーを務めることになっています。

手続きが完了した後の合併会社の本社機能はサンフランシスコとなり、グローバル オペレーション(業務本部)機能はデンバーとなる予定です。

コスト削減

合併完了後から18ヶ月を予定している完全統合の暁には、年間で約8,000万ドル(68億円*)の一般管理費の削減が見込まれています。

プライベート・キャピタル

今回の合併により両社のプライベート・キャピタル・ビジネス(投資家との共同事業)が相互補完されます。合併会社は民間の物流不動産会社のマーケットリーダーとなり、米国・ヨーロッパ・アジアの主要なマーケットで様々な物流不動産を提供することになります。さらに、合併後の会社はおよそ過去30年間にわたってインベストマネジメントの深い経験を積んだグローバルチームを持つことになります。

オーナーシップと流動性

現在の想定では、交換比率に基づき旧プロロジスの株主は合併会社の株主の約6割となり、旧AMBの株主は約4割となります。合併後には株主に対しよりよい流動性を提供する計画です。

業務の見通しとバランスシート

両社は高品質かつ立地の優れた資産を保有しています。合併会社の所有および運営中資産(開発中施設を除く)は2010年12月31日現在の平均稼働率が約93%と、過去3年間の市場平均を大きく上回っています。合併会社は大幅な流動性と強固なバランスシート、健全な借入金状況となります。

配当政策と配当

合併手続き完了前のプロロジスとAMB社の配当は、一方の株主が合併前の特定の四半期に配当を受け取った場合にはもう一方の株主も配当を受け取ることになっています。

本日AMB社は第1四半期の1株当たりの配当を0.28ドルと決定し、2011年2月14日時点の株主に対し2011年2月28日に支払う予定であると発表しました。また本日プロロジスは同じく2011年2月14日時点の株主に対し1株あたりの配当を0.1125ドルと決定し、2011年2月28日に支払予定であると発表しました。

電話会議とウェブキャスト

プロロジスとAMB社は1月31日アメリカ東部時間午前8時30分より合併についての議論の場としてプロロジスとAMBのCEO出席のもとウェブキャスト(ウェブ放送)を実施します。

* 1米ドル=85円換算

本資料は、2011年1月31日に米国でプロロジスとAMB社が共同で発表した英文プレスリリースの抄訳です。

AMB社について
AMBプロパティコーポレーションは米国・ヨーロッパ・アジアの主要な物流ハブや港・空港などにフォーカスしたグローバル物流不動産の所有・運営・開発会社です。2010年12月31日現在、AMBは15カ国49地域で約1,480万平方メートルの施設を所有・運営・開発しています。AMBは主要な物流拠点および玄関口となるマーケットに立地する施設に投資し、そのポートフォリオはHigh Throughput Distribution(HTD®)施設-主要な港湾、空港、および主要高速道路のインターチェンジ至近に、物流のスピードを重視して建設された産業用施設-で構成されています。

プロロジスについて
プロロジス(日本本社:東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター、プレジデント兼CEO:山田 御酒、世界本社:米コロラド州デンバー NYSE:PLD)は、物流施設のリーディング・グローバル・プロバイダーとして、計4,000万平方メートル以上の物流施設を北米・ヨーロッパ・アジア19カ国で運営・開発・所有しています。
日本国内では今までに44棟、総延床面積約298万平方メートルの物流施設を新規開発し(開発中を含む)、現在14棟、総延床面積として約124万平方メートルの物流施設を運営および開発中です。また、約23万平方メートルの物流施設の開発用地を所有しています。今後もお客様へのよりよいサービスと、環境に配慮したサステイナブルな、物流の効率化に貢献するための最新の物流施設を世界各地で展開してまいります。


Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。