HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、中国で約10,800平方メートルの新規賃貸契約を締結
2011年12月08日

プロロジス、中国で約10,800平方メートルの新規賃貸契約を締結

プロロジス昆山陆家物流センター

グローバル物流不動産の所有・運営・開発のリーディング企業であるプロロジス(NYSE: PLD)は、このたび中国の「プロロジス昆山陆家 (Kunshan Lijua) 物流センター」の約10,800平方メートル(116,320平方フィート)について、上海を本拠地とするテレビ通販会社と賃貸契約を締結した、と発表しました。この契約により、11月に完成したばかりの約23,000平方メートル(25万平方フィート)の施設は100%稼働となります。

プロロジスにとって新たなカスタマーとなる上海SMG-CJホームショッピング社は、多チャンネルで小売業を展開する成長企業で、上海メディアグループと韓国CJグループの合弁会社です。「プロロジス昆山陆家物流センター」には他に徳邦物流(Deppon Logistics)社や成都川流保税物流(Chengdu Chuanliu Bonded Logistics)社がすでに賃貸契約を締結しており、同施設を地域物流の拠点として利用することになっています。さらに、2012年に第2期工事が完了した暁には、施設の拡張も可能です。

「プロロジス昆山陆家物流センター」は上海の西部、昆山経済技術開発区内に開発された最新の施設であり、物流拠点として非常に利便性の高く、製造業や小売業にとって非常に魅力的な物流拠点に立地しています。

中国西部では消費者市場の急速な拡大に伴い、幅広い製造業や小売業がサービスを提供するための最新で効率的な物流施設の需要が続いており、今回「プロロジス昆山陆家物流センター」が竣工後直ちに100%稼働となったこともこの事実を物語っています。

*本資料は、2011年12月6日(現地時間)に米国で発表された英文プレスリリースの抄訳です。

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:約120KB)
Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。