HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、ブラジルで計画中のプロジェクトで約99,000平方メートルの賃貸契約を締結
2012年10月11日

プロロジス、ブラジルで計画中のプロジェクトで
約99,000平方メートルの賃貸契約を締結

プロロジスCCPジュンディアイ物流パーク

プロロジスCCPジュンディアイ物流パーク 完成予想図


物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(NYSE: PLD)は、このたびブラジルのサンパウロにおいて、地元の3PL企業であるAGV Logistica社およびブラジル最大のインターネット ファッション通販企業のDafiti社の2社と合わせて約99,168平方メートル(1,067,435平方フィート)を新規に賃貸契約したと発表しました。

AGV Logistica社は、160社以上のグローバルおよび国内企業向けにサプライチェーンソリューションを提供しており、今回プロロジスが新たに開発する「プロロジス CCP カハマル II 物流パーク」の最初の入居企業として約60,824平方メートル(654,710平方フィート)を賃貸契約しました。「プロロジス CCP カハマル II 物流パーク」は2012年11月に開発を開始し、2013年8月に完成する予定です。

Dafiti は1カ月に3,000万人がサイトを訪問している、ブラジルで急成長しているネット通販の最大手企業であり、今回「プロロジス CCP ジュンディアイ 物流パーク」の約38,343平方メートル(412,729平方フィート)について賃貸契約を締結しました。「プロロジス CCP ジュンディアイ 物流パーク」はサンパウロ州近郊のジュンディアイ地区に立地しており、すべて完成すると合わせて約150,781平方メートル(160万平方フィート)の規模の物流パークとなる計画です。

ブラジルでは最新で質の高いAクラスの物流施設の需要が根強く、従来からのカスタマーである3PL企業に加え、インターネット通販企業からの需要も急増しています。プロロジスは引き続きブラジルにおける物流施設ニーズにお応えできる施設の提供に注力していきます。

プロロジスはブラジルにおいて現地のディベロッパーであるCyrela Commercial Properties (CCP)社と合弁で開発を進めており、プロロジスCCPはブラジルにおける大手物流不動産会社として、2012年6月末時点で約110万平方メートル(1,170万平方フィート)の物流施設を開発済、または開発中です。

*本資料は、2012年10月4日(現地時間)に米国で発表された英文プレスリリースの抄訳です。

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:約130KB)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
プロロジス 広報室
TEL:03-6860-9090

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。