HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、英国で約93,000平方メートルのBTS施設の賃貸契約を締結
2012年10月24日

プロロジス、英国で約93,000平方メートルの
BTS施設の賃貸契約を締結

プロロジスパーク ライトン

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(NYSE: PLD)は、このたび英国のダベントリー国際鉄道貨物ターミナル(Daventry International Rail Freight Terminal: DIRFT)の約92,900平方メートル(100万平方フィート)の施設について、英国の大手小売業であるセインズベリー社(Sainsbury's Supermarket Ltd.)と賃貸契約を締結した、と発表しました。

今回セインズベリー社と契約した施設は「プロロジスDIRFT II」地区内、すでに100%稼働中の約78,000平方メートル(84万平方フィート)の既存の施設に近接して開発されます。「プロロジス DIRFT II」開発は全棟完成すると約204,400平方メートル(220万平方フィート)の規模となる計画です。

「プロロジス DIRFT II」はM1高速道路および鉄道のウエストコースト本線に隣接しており、道路および鉄道へのアクセスに非常に優れた立地です。さらに今回開発する施設には、既存のDIRFTの鉄道側線に接続する新しいインターモーダルのターミナル(トラック輸送と鉄道輸送との組みかえ施設)が併設されることになっています。これらの取り組みにより、セインズベリー社は環境にやさしく、鉄道輸送が可能な施設を拠点とした国内全域向けの物流オペレーションを構築することが可能となります。

今回開発する施設は英国の環境評価制度であるBREEAM(Building Research Establishment Environmental Assessment Method)の"Very good"(とても良い)格付けを満たし、かつこの規模の建物として最高ランクのエネルギー性能証明書(Energy Performance Certificate)を取得できる施設として、2013年初頭に開発をスタートする予定です。

2012年6月末現在、プロロジスは英国内で約167万平方メートル(1,800万平方フィート)の物流施設を運営中および開発中であり、約435万平方メートル(1,075エーカー)の開発用地を保有しています。

*本資料は、2012年10月18日(現地時間)に米国で発表された英文プレスリリースの抄訳です。

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:約 270KB)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
プロロジス 広報室
TEL:03-6860-9090

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。