HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、ヨーロッパの物流不動産マーケットへの投資機会についての調査レポートを発表
2012年11月06日

プロロジス、ヨーロッパの物流不動産マーケットへの
投資機会についての調査レポートを発表

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(NYSE: PLD)は、このたびヨーロッパの物流施設セクターの現状に関する詳細な調査レポートを発表しました。

「ヨーロッパの物流施設マーケットの好機」と題した調査レポートでは、現在のAクラスの物流施設の不足や需給のアンバランス、サプライチェーンの再構築やEコマースの台頭などの循環的な要素について着目しています。

この調査レポートの主なポイントは次の通りです。

  • ヨーロッパの物流不動産の価値は2007年の金融危機以前の最高水準より21.9%下落しており、以降平均で1.3%しか改善していません。現在の物流不動産の価値は再調達コストと比較して魅力的であり、グローバルの金融危機後に米国の経済が回復しているのに続きヨーロッパでも不動産価値が改善されることが想定されます。
  • 過去10年間以上、物流不動産は平均7.6%の利回りをもたらしており、これはオフィスや商業用不動産と比較して200から240ベーシスポイント高い水準です。
  • 過去10年以上年間わずか1.5%というEU内の弱含みなGDP成長にもかかわらず、貿易やサプライチェーンの再構築によりヨーロッパ内で多くの物流施設需要をもたらすと期待されています。
  • ヨーロッパに比べて米国マーケットはAクラスの物流施設の在庫が4倍以上あり、ヨーロッパでは物流施設全体の14%がAクラス施設であることを鑑みると、さらに開拓の余地があると期待できます。
  • Eコマースの台頭により、小売業界が需要を支え成長するために既存の販売ルートの見直しを迫られています。英国、ドイツ、フランスでは過去5年間、ネット通販の売上が10億ユーロ増えるごとに追加で平均72,000平方メートルの物流施設の需要が増す結果となっています。

この調査レポートはプロロジスグローバルのウェブサイトからダウンロード可能です。(英語版のみ)

URL:http://www.prologis.com/docs/whyindustrialeurope.pdf

*本資料は、2012年11月1日(現地時間)に米国で発表された英文プレスリリースの抄訳です。

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:約110KB)
Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。