HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、7年連続ダボス世界経済フォーラムの「世界で最も持続可能性のある会社100社」に選出
2015年01月28日

プロロジス、7年連続ダボス世界経済フォーラムの
「世界で最も持続可能性のある会社100社」に選出

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(NYSE: PLD)は、2015年の"Global 100 Most Sustainable Corporations in the World"(世界で最も持続可能性のある100社)に選出されたと発表しました。プロロジスにとって7年連続での選出となります。

"Global 100"では、世界中の主要企業を対象に、イノベーションの推進、従業員の健康と安全、温室効果ガスの削減等を含む12の指標で総合的に評価し、持続可能性の高い上位100社が選出されます。結果は毎年、スイス、ダボスで行われる「世界経済フォーラム年次総会(通称:ダボス会議)」で発表され、企業の持続性を評価する際の世界基準とされています。

プロロジスでは、全世界でCorporate Responsibility (企業としての責任)を理念とし、「環境への取り組み」「企業の社会的責任」「ガバナンス」を3本の柱としています。お客様、投資主、従業員、地域社会の皆様への長期的価値の提供に努めており、以下の企業活動はその一例です。

  • 物流施設のリーディング・グローバル企業として、12カ国、合計400万平方メートルにおよぶ環境に配慮した施設を開発。(2013年単年では530,000平方メートル)
  • 6カ国において、物流施設の屋根面に100メガワット以上の太陽光発電システムを導入。(2013年単年では、米国と日本の10施設に合計17.3メガワットを導入)
  • 2013年より、世界中の全従業員がボランティア活動を行うIMPACT DAYをスタート。プロロジス従業員は、過去2年間において14,000時間以上の時間をかけて、教育、福祉、環境分野のボランティア活動を実施。

プロロジスは、今後も環境に配慮した施設開発を行い、持続性のある企業活動に取り組んでまいります。

※本資料は、2015年1月22日(現地時間)に米国で発表された英文プレスリリースの抄訳です。

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:約100KB)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
プロロジス 広報室
TEL:03-6860-9030

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。