HOME » リリース/お知らせ 一覧 » 物流不動産 世界最大手プロロジス「プロロジス 物流施設賃料インデックス2016」を発表
2017年03月06日

物流不動産 世界最大手プロロジス
「プロロジス 物流施設賃料インデックス2016」を発表

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(NYSE: PLD、日本本社:東京都千代田区丸の内)は、「プロロジス 物流施設賃料インデックス2016」を発表しました。

このインデックスは、プロロジスが施設を有する世界のマーケットの中から、主要60マーケットについて、物流施設の賃料推移傾向を分析したものです。主な結果は以下の通りです。

  • 2016年の物流不動産の賃料は、グローバルで4%の上昇となった
  • 賃料上昇を牽引したのは、5%の伸びをみせた米国で、世界で最も速いペースでの上昇であった。
    主要湾岸マーケットの伸びが特に著しく、米国内の他マーケットに比べて1.5%以上の差が見られた
  • ヨーロッパにおける賃料上昇率は3%であり、勢いが増している
  • 新規契約時のマーケット賃料と既存の契約賃料の差は、過去最高である。このため、マーケット賃料の伸びが緩やかになっても、実質賃料は上昇し続けることが見込まれ、物流不動産における利益成長を下支えする

消費の拡大や、需要と供給の好ましい動きが主要因となり、マーケット賃料の上昇が続いています。主要マーケットの多くでは、開発コストが急速に上昇しており、賃料上昇を支える一因となっています。

プロロジスリサーチ*は、世界4地域における60マーケットの実質賃料のトレンドを調査し、昨年から「プロロジス 物流賃料インデックス」として発表しています。プロロジスがこの調査を始めた理由は、世界各マーケットの賃料トレンド情報が入手しづらく、既存の指標は、フリーレントなどの賃料条件の調整が考慮されていなかったり、先進的な物流施設のパフォーマンスが正確に反映されていなかったりする場合が多いためです。同インデックスは、世界規模で実質賃料に焦点をあてている点が特徴的であり、このような調査は他に類がありません。

※本資料は、2017年3月2日(現地時間)に米国で発表された英文プレスリリースの抄訳です。

「プロロジス 物流施設賃料インデックス2016」
調査結果全文(英語): http://prolo.gs/2lY664u.

*プロロジスリサーチについて
物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業として、物流不動産マーケットについてさまざまな角度から調査分析を行い、情報発信を行うプロロジス社内のリサーチ機関です。

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:180KB)
Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。