HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、ダボス世界経済フォーラムで「世界で最も持続可能性のある会社100社」に選出(米国の不動産会社として唯一)
2013年01月24日

プロロジス、ダボス世界経済フォーラムで
「世界で最も持続可能性のある会社100社」に選出
(米国の不動産会社として唯一)

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(NYSE: PLD)は、スイスの都市ダボスで行われた世界経済フォーラムで2013年の"Global 100 Most Sustainable Corporations in the World"(世界で最も持続可能性のある100社)に選出されたと発表しました。
"Global 100 Most Sustainable Corporations in the World"は信頼性が高く、世界中の企業を対象に持続性の観点から評価の高い上位100社が選定されます。

プロロジスは環境への取り組み、企業の社会的責任、企業倫理とガバナンスを3本柱として企業活動を行っています。
物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業として、環境に配慮した建築基準を満たしている400万平方メートル(3,900万平方フィート)以上の施設を所有しており、そのうちの50%以上はエネルギー効率が改善されています。また再生可能エネルギー活用の一環として、83メガワットの太陽光発電システムを導入しました。
加えてプロロジス財団を通して、チャリティー活動の支援、従業員ボランティア活動のサポート、非営利団体へ倉庫スペースの寄付を行っています。

今後も引き続き物流施設のグローバルリーダーとして環境負荷を最小化し、エネルギー効率の高い物流施設の所有・運営・開発を展開するとともに、お客様のご要望に沿った施設を提供してまいります。

※本資料は、2013年1月23日(現地時間)に米国で発表された英文プレスリリースの抄訳です。

【当件のプレスリリースファイル ダウンロード】

PDFダウンロード(PDF:約 100KB)
Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。