HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス 2010年第3四半期 決算結果発表 要旨
2010年10月26日

プロロジス 2010年第3四半期 決算結果発表 要旨

プロロジス(世界本社:米コロラド州デンバー)は10月26日に2010年第3四半期(7月~9月)の決算結果を発表しました。

プロロジスCEOのウォルター C. ラコウィッチは「2010年第3四半期中には負債の削減や新規の開発を進め、価値を創出するために非戦略的(地域・仕様および築年数)な、直接保有の資産を売却するという重要な進展がありました。これら第3四半期に行われた資産の売却と、第4四半期もしくは2011年初頭に予定しているさらなる資産整理により、今後新規の施設開発を進めるとともに、アジア・欧州など米国以外での直接保有資産を増やし、各国の主要な物流地域での資産の質の向上と集中を強化していきます」と語っています。

さらに、「物流不動産の業績指標は、過去の回復の経験から我々が予測したよりは緩やかではあるものの、上向いてきています。各国で新規の開発が限られているため大型で最新鋭の物流施設の供給が減少しています。私たちは物流不動産マーケットの状況がこのような緩やかな需要の回復段階にありながらもすでに転換点に近づいてきていると考えており、急速な回復を促すことができると考えています。明るい兆候として、北米のトップ31物流不動産マーケットの吸収率(入居率と退去率の差)が2期連続でプラスに転じており、供給が不足している地域については稼働率も堅調で、賃料も上向いています。全体的に良い方向に向かっていると言えます。」とも述べています。

【2010年 第3四半期 主な結果】

  • FFO(ファンド・フロム・オペレーション)は1株あたり0.22米ドル
  • 2010年9月末の稼動中施設の稼働率は89.9%
  • 2010年第3四半期に新規・更新分合わせて約251万平方メートルを賃貸契約
  • 2010年年初より第3四半期までにグローバルで合わせて5億米ドル(約425億円*)の施設の開発を開始
    〈2010年度中の目標7億米ドル(595億円*)~8億米ドル(680億円*)〉
  • 2010年年初より第3四半期までに計5億9,500万ドル(約506億円*)の資産の売却やファンドへの移管を完了。
    さらにブラックストーンへの10億2,000万ドル(867億円*)の資産売却も合意済

*1米ドル=85円換算

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。