HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス 2012年第4四半期 決算結果発表 要旨
2013年02月08日

プロロジス 2012年第4四半期 決算結果発表 要旨

プロロジス(世界本社:米カリフォルニア州サンフランシスコ)は2013年2月6日(現地時間)に2012年第4四半期(10月~12月)の決算結果を発表しました。

プロロジス会長兼CEOのハミード R. モガダムは「2012年度は合併後初の年間決算であり、プロロジスは素晴らしい結果を残しました。今回の結果は10 Quarter Plan*1の想定を上回るものであり、事業を成長し続けるための基礎が確立されました。」と述べ、賃貸事業においては「次の四半期につながる素晴らしい成果をあげました。物流施設への高まる需要と供給不足は、今後も続くテーマであり世界的に賃料は上昇傾向にあると考えています。特に米国においては小規模スペースの稼働率が上昇しており、この傾向は住宅着工の増加に伴いによりしばらく続くと予見されます。」とコメントしました。

プロロジスは「日本プロロジスリート投資法人(PREP)」の上場(予定)と「プロロジス・ヨーロピアン・ロジスティクス・パートナーズ社(PELP)*2」の設立に伴い、2013年第1四半期に50億ドル(約4,600億円*3)のポートフォリオの流動化を行います。これらのポートフォリオの流動化と第4四半期の実績を合わせて10 Quarter Planを上回る結果になります。

最高財務責任者 トーマス S. オリンジャーは、ポートフォリオの流動化については「ポートフォリオを再編するために、今後も優先的に行っていきます。資産の流動化は我々の事業の多様性と共に高品質な物流施設への需要が根強いことを反映しています。」とコメントしました。

【2012年 第4四半期(10~12月) および2012年度(1~12月)主な結果】

  • 第4四半期のFFO(ファンド・フロム・オペレーション)は1株あたり0.42米ドル
  • 2012年12月末の運営中施設の稼働率は94%
  • 2012年第4四半期中に
    - 合わせて約380万平方メートルの新規賃貸契約を締結
    - 約230万平方メートルを契約更新し、契約更改保持率は87.3%
    - 13億ドル(約1200億円*3)の資産をファンドへ移管もしくは土地と建物の流動化を完了
    - 67.5万平方メートル、およそ7億2700万ドル(約670億円*3)で新規開発に着手により
       1億9000万ドル(約175億円*3)の土地の流動化を実現
    - 2億7600万ドル(約250億円*3)の物流施設と1億8200万ドル(約167億円*3)の
       開発用地を合わせて4億5800万ドル(約421億円*3)を取得
    - 11億ドル(約1012億円*3)の債務返済、借り換え、債務圧縮を完了
  • 2012年第4四半期末時点でグローバルで総投資額21億ドル(約1,932億円*3)、約210万平方メートルの施設を開発中
  • 2012年度中に
    - 合わせて約1,350万平方メートルの新規賃貸契約を締結
    - 合わせて27億万ドル(約2,500億円*3)の資産をファンドへ移管もしくは土地と建物の
       流動化を完了
    - 投資家との共同事業を通じ新規に19億ドル(約1,748億円*3)の第三者資本を受け入れ

【2013年のガイダンス】

  • 2013年末の
    - FFO目標:1.60~1.70米ドル
    - 運営中施設の稼働率目標:94%~95%
  • 2013年度中に
    - 同一施設のNOI1.5~2.5%上昇見込み(為替差損益除く)
    - 15~18億ドル(約1,380~1,656億円*3)を新規開発に充当
    - 4~6億ドル(約368~552億円*3)の物流施設を取得
    - 75~100億ドル(約6,900~9,200億円*3)の既存施設と土地を流動化
       およびファンドへ移管

*1 プロロジスがAMBプロパティーコーポレーションと経営統合時に掲げた10四半期(30ヵ月)の事業目標

*2 ヨーロッパでノルウェー中央銀行と24億ユーロ(約2,880億円(1ユーロ=120円))で設立した合弁企業で出資比率は50:50/プロロジスが欧州内の11の主要なグローバルマーケットで100%所有していた高品質の物流施設ポートフォリオを取得する

*3 米ドル=92円換算

※ 本資料は2013年2月6日(現地時間)に世界本社で発表したリリースの抄訳を当サイトに掲載したものです。

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。