HOME » リリース/お知らせ 一覧 » プロロジス、3回目の「IMPACT Day」を実施
2015年05月27日

プロロジス、3回目の「IMPACT Day」を実施


プロロジスは、5月15日に今年で3回目となる「IMPACT Day」を実施しました。

「IMPACT Day」では、全世界のプロロジス社員が、一斉にボランティア活動を行います。この日、プロロジス社員はオフィスを離れ、教育や福祉、環境など関連する各種NPO団体と協力して、各国において多岐にわたる活動に従事しました。

■日本/関東における「IMPACT Day」活動

東京オフィス、及びプロロジス・リート・マネジメントの社員約100名が、神奈川県の大磯町にある「UCHINOKOハウス 海の見える森」において、清掃活動と森の整備活動を行いました。ここは、病気や障がいとたたかう子どもやそのご家族が、ひとときを自由に過ごせる施設として、NPO法人 生きるちから「VIVACE(ビバーチェ)」様によって運営されています。

本施設は、大磯町の山の中にある事務棟と遊び場、そして宿泊棟の3棟の施設から成っています。今回の活動では、この3棟の施設内清掃と、施設周辺の整備活動をお手伝いさせていただきました。また、ランチ時間には、森の中に作られたツリーハウス内で、民族楽器や手作りの楽器を使ったミニライブを開いていただき、気持ちの良い時間を過ごすことができました。


■日本/関西における「IMPACT Day」活動

大阪オフィスの社員約13名は、関西国際空港近くの海岸において、大阪湾に生息する生き物の調査を行いました。この活動は、戦後の経済成長期において大阪湾の生物生息環境の悪化する中で、「大阪湾環境再生連絡会」が、各地の湾岸生物を調査することを目的として2007年より行っているものです。通常は、行政・大学を含むさまざまな団体や一般市民が参加して「一斉調査」として行われていますが、今回は特別にプロロジスだけで活動させていただきました。


プロロジスは今後も企業理念に基づき、施設を開発する地域や地域社会に貢献できるよう、さまざまな活動に取り組んでまいります。

「IMPACT」...プロロジスの基本理念である「Integrity(誠実)」「Mentorship(メンターシップ)」「Passion(情熱)」「Accountability(説明責任)」「Courage(勇気)」「Teamwork(チームワーク」の頭文字を組み合わせた言葉です。「IMPACT Day」におけるボランティア活動は、この基本理念を体現しています。

Share this page

  印刷   

ニュース検索

 

物流施設検索

バックナンバー

RSS配信について

RSS

プロロジスでは、サイトの更新情報をXML技術を応用したRSS形式で配信するサービスを開始しました。
RSSリーダーと呼ばれるソフト等に登録をすれば、Webサイトに直接アクセスしなくても最新記事を自動で入手できるので、ぜひご利用ください。