国道16号に近接し、周辺の雇用環境にも恵まれたマルチテナント型物流施設です。首都圏消費地への配送利便性に優れ、雇用確保もしやすい周辺環境から、人手が必要なファッション・アパレルEC物流企業様などにご利用頂いています。

働く人に配慮しカフェテリアなどをそなえたフラッグシップの大型施設であるだけなく、物流分野における次世代技術の検証の場としても活用。株式会社アッカ・インターナショナルとプロロジスが協働して導入した、AI機能搭載の無人搬送ロボット「EVE」が物流オペレーションを行っています。

詳細を見る

 

地図

関連物流施設

プロロジスパーク千葉1

プロロジスパーク千葉1

千葉市, 日本

「プロロジスパーク千葉1」は、千葉湾岸エリアから約6km、国道16号と東関東自動車道の結節地点にある物流施設です。都心部にダイレクトにアクセスできる千葉湾岸部と需要の高い物流施設集積地である国道16号沿いの二つの特性を併せ持つエリアに、大型のマルチテナント型施設が誕生しました。

プロロジスパーク習志野5(千葉県習志野市)

プロロジスパーク習志野5

習志野市, 日本

都心から30km圏内、国道16号より都心側に立地し、京葉道路「武石IC」や主要国道へのアクセスにも優れたマルチテナント型物流施設。入居カスタマーには、雇用が確保しやすい周辺環境、都心近くでありながら内陸に立地するため津波などの災害リスクが少ない点などが評価されています。