「プロロジスパーク千葉1」は東関東自動車道「千葉北IC」からわずか約3km、京葉道路「穴川IC」からも約4kmと至近。東関東自動車道と京葉道路の二つの高速道路を利用することで、都心部へのアクセスもスムーズです。

地上5階建て、延床面積約147,000㎡のマルチテナント型物流施設で、ダブルランプウェイにより、各階のトラックバースに45フィートコンテナセミトレーラーや21mフルトレーラーがアクセス可能な仕様としています。ワンフロアは中央車路を隔てて約7,000坪、最小賃貸区画は約1,300坪と、幅広い顧客ニーズに対応可能です。倉庫内には、プロロジスがアイキュージャパン株式会社と共同開発した高天井用センサー付きLED照明および制御システムを採用し、入居企業の電気使用量削減と庫内オペレーションの可視化をサポートします。

詳細を見る

 

地図

関連物流施設

プロロジスパーク千葉1/千葉2
プロロジスパーク千葉2

プロロジスパーク千葉2

千葉市, 日本

東関東自動車道「千葉北IC」至近の敷地内に計画されているマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク千葉2」。2019年10月に竣工した「プロロジスパーク千葉1」と合わせて、延床面積約210,000㎡を超える物流ハブ「プロロジスパーク千葉」として完成予定です。

物流施設ニーズの高い市川エリアに立地する「プロロジスパーク市川3」
プロロジスパーク市川3

プロロジスパーク市川3

市川市, 日本

物流施設の立地エリアとしてニーズの高い東京湾岸に、2018年に竣工。竣工以前に契約率100%となったマルチテナント型物流施設です。JR京葉線「市川塩浜」駅から徒歩約10分と雇用確保にも有利な立地です。
 

プロロジスパーク千葉ニュータウン 外観
プロロジスパーク千葉ニュータウン

プロロジスパーク千葉ニュータウン

印西市, 日本

国道16号に近接し、周辺の雇用環境にも恵まれたマルチテナント型物流施設です。首都圏消費地への配送利便性に優れ、雇用確保もしやすい周辺環境から、人手が必要なファッション・アパレルEC物流企業様などにご利用頂いています。