東関東自動車道「千葉北IC」至近の敷地内に計画されている大型物流施設ハブ「プロロジスパーク千葉」。

2019年10月に竣工した「プロロジスパーク千葉1」は、賃貸面積の約70%が契約済みです。当初はBTS型として計画していた「プロロジスパーク千葉2」も計画を変更し、このたびマルチテナント型として着工しました。

「プロロジスパーク千葉2」はランプウェイにより、3階までの各階に45フィートコンテナセミトレーラーがアクセス可能な仕様です。3階、4階は、荷物用エレベーターと垂直搬送機を備えたメゾネット型とし、流通加工から保管まで幅広い物流オペレーションに対応する計画です。

最小賃貸面積は約1,800坪からワンフロア最大4,500坪で、小規模ニーズにも対応できる施設となります。

詳細を見る

 

地図

関連物流施設

プロロジスパーク千葉1
プロロジスパーク千葉1

プロロジスパーク千葉1

千葉市, 日本

「プロロジスパーク千葉1」は、千葉湾岸エリアから約6km、国道16号と東関東自動車道の結節地点にある物流施設です。都心部にダイレクトにアクセスできる千葉湾岸部と需要の高い物流施設集積地である国道16号沿いの二つの特性を併せ持つエリアに、大型のマルチテナント型施設が誕生しました。

物流施設ニーズの高い市川エリアに立地する「プロロジスパーク市川3」
プロロジスパーク市川3

プロロジスパーク市川3

市川市, 日本

物流施設の立地エリアとしてニーズの高い東京湾岸に、2018年に竣工。竣工以前に契約率100%となったマルチテナント型物流施設です。JR京葉線「市川塩浜」駅から徒歩約10分と雇用確保にも有利な立地です。
 

プロロジスパーク千葉ニュータウン 外観
プロロジスパーク千葉ニュータウン

プロロジスパーク千葉ニュータウン

印西市, 日本

国道16号に近接し、周辺の雇用環境にも恵まれたマルチテナント型物流施設です。首都圏消費地への配送利便性に優れ、雇用確保もしやすい周辺環境から、人手が必要なファッション・アパレルEC物流企業様などにご利用頂いています。