「プロロジスパーク八千代1」は、2021年4月に着工を予定している、八千代市内では初めてのダブルランプウェイを備えた大型の賃貸用物流施設です。

開発地は首都圏物流の大動脈である国道16号から約2kmと至近に位置し、東京都市圏の消費地および関東広域への配送にも最適な立地です。開発地は地盤が強固であるとともに、ハザードマップにおいて液状化や浸水の想定外地域であり、防災面でも優れています。

また、京成電鉄本線「勝田台」駅および東葉高速鉄道「東葉勝田台」駅より、当地までバスで15分とアクセスしやすく、従業員雇用にも有利な立地です。

開発地区内には、バスの操車場、商業施設、給食センターの建設が予定されています。

 

地図

関連物流施設

プロロジスパーク千葉ニュータウン 外観
プロロジスパーク千葉ニュータウン

プロロジスパーク千葉ニュータウン

印西市, 日本

国道16号に近接し、周辺の雇用環境にも恵まれたマルチテナント型物流施設です。首都圏消費地への配送利便性に優れ、雇用確保もしやすい周辺環境から、人手が必要なファッション・アパレルEC物流企業様などにご利用頂いています。

プロロジスパーク習志野5(千葉県習志野市)
プロロジスパーク習志野5

プロロジスパーク習志野5

習志野市, 日本

都心から30km圏内、国道16号より都心側に立地し、京葉道路「武石IC」や主要国道へのアクセスにも優れたマルチテナント型物流施設。入居カスタマーには、雇用が確保しやすい周辺環境、都心近くでありながら内陸に立地するため津波などの災害リスクが少ない点などが評価されています。
 

プロロジスパーク千葉1
プロロジスパーク千葉1

プロロジスパーク千葉1

千葉市, 日本

「プロロジスパーク千葉1」は、千葉湾岸エリアから約6km、国道16号と東関東自動車道の結節地点にある物流施設です。都心部にダイレクトにアクセスできる千葉湾岸部と需要の高い物流施設集積地である国道16号沿いの二つの特性を併せ持つエリアに、大型のマルチテナント型施設が誕生しました。