中部の物流施設マーケット

メーカーが多数立地し、製造業出荷額が全国トップクラスである中部地方。物流施設の自社所有志向もあり、賃貸用物流施設の供給は限定的でしたが、2016年頃から大型開発が本格化し、市場は急拡大しました。関西や関東の物流拠点から中部圏をカバーする企業も見受けられる一方、自動車・機械メーカーなどの成長を軸に、スペースを拡大する動きが顕在化してきました。

中部におけるプロロジスの物流施設展開

プロロジスの中部初進出は、2007年竣工の「プロロジスパークセントレア」および「プロロジスパーク春日井」。中部マーケットに登場した初めての大型賃貸用物流施設でした。現在プロロジスが愛知県で展開している物流施設は、自動車部品をはじめとするメーカーや、名古屋消費圏への迅速な配送が必要なeコマース・通販企業にご利用いただいています。

 

地図

中部エリアマップ(2018年4月25日現在)

代表的な物流施設

愛知県春日井市のマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク春日井」

プロロジスパーク春日井

春日井市

名古屋圏の消費地や中部広域をカバーする配送拠点として、eコマース・通販企業、メーカーなどのお客様が入居する大型物流施設。2009年に、物流施設として日本初のCASBEE S認証を取得した環境にも配慮したマルチテナント型施設です。

プロロジスパーク北名古屋(愛知県)

プロロジスパーク北名古屋

北名古屋市

名古屋駅より約8km、名神高速道路の「一宮IC」より約4km「小牧IC」より約8kmの地点に立地するマルチテナント型物流施設。名古屋高速1号線や名岐バイパスを利用し、名古屋市内はもちろん、中部エリア全体へのアクセスに至便であり、陸上輸送のための拠点として利用されています。
名鉄犬山線の西春駅からも約1...

マーケット問い合わせ先