プロロジス、物流施設内の人材確保・雇用定着支援のためテガラミルと業務提携

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内)は、従業員定着支援アプリ「テガラみる」を手掛ける株式会社テガラミル(本社:東京都千代田区)と業務提携を締結したことを発表しました。

■ 業務提携の背景・目的

業務提携の目的は、プロロジスの物流施設(プロロジスパーク)の入居カスタマーに対する雇用対策支援の充実化です。提携に至った経緯として、人材不足による採用難や人件費増大が背景となっています。外食・運輸業界の非正規雇用者を対象とした調査では、約55%が半年以内に離職するという調査結果*もあり、プロロジスのカスタマーにとっても、物流施設内で働く人材の離職防止・定着が課題となっています。

プロロジスはこれまでにも、入居企業が採用するパート・アルバイトスタッフの確保に焦点を当てたカスタマーサポートを行っています。今後は雇用確保のみならず、人材の定着が一層課題になるとみて、定着支援を得意とするテガラミル社と提携しました。この提携により、物流施設への入居前から入居後まで、雇用に関する一気通貫したソリューションの提供が可能となります。

*出典:パーソルグループ×東京大学中原淳研究室共同研究「アルバイト・パート成長創造プロジェクト」(2016)

■ 業務提携の内容・今後の展開

当面の取り組みとしては、入居企業による「テガラみる」の利用や、カスタマーへの情報提供を目的に人材定着・離職防止に関するセミナーの開催を予定しています。さらに、今後の展開として、入居カスタマー、テガラミル、プロロジスの三者が協働し、カスタマーが雇用するアルバイト・パート従業員の定着率や、就労意欲等のデータ収集・分析などの取り組みを検討しています。

プロロジスは現在、世界で約3,700棟の物流施設を運営し、5,100社のカスタマーが利用しています。これらの施設で蓄積したビッグデータと、テガラミルとの連携によって得られるデータを活用することで、カスタマーへのさらなる価値提供につなげてまいります。

具体的には、以下のような取り組みを想定しています。

  • 施設周辺の採用マーケットについて、従来以上に詳細な分析データを提供し雇用・定着を支援
  • 採用後の定着を見据えた、採用業務プロセスの提案
  • 離職抑制・定着促進のためのサーベイの実施およびソリューションプランの提案

■ 雇用サポートに関するこれまでの取り組み

  • プロロジスはこれまでにも、入居カスタマーの雇用確保・人材定着をサポートするため以下のような取り組みを行っています。
  • 無料Wi-Fiなどを導入したカフェテリア、女性用パウダールーム、ドライバー用シャワー室など、施設アメニティの整備
  • 人材派遣会社と連携し、入居検討企業にプロロジスパーク周辺雇用・採用マーケットデータを提供
  • 物流業界関係者を対象とした雇用対策セミナーの開催
  • 入居カスタマーが雇用する非正規雇用者の定着を目的とした、バーベキューやファミリーイベントの開催

「テガラみる」について

従業員定着支援ツール「テガラみる」は、従業員の心のコンディションの変化を可視化することで、離職可能性の早期発見を実現するアプリです。「晴れ」「曇り」「雨」などのマークで日々の心理コンディションを手軽に共有する機能などで、従業員の心理状態の変化をタイムリーかつ網羅性高く把握することで、適切な従業員フォローを可能とします。ローンチから2年を迎え、導入企業は50社、ユーザー数2万5000名以上にのぼります。

テガラミル社についてtegaramill.co.jp

株式会社テガラミル(本社:東京都千代田区)は、従業員の定着促進・離職防止にフォーカスしたスタッフ・上長間の双方向コミュニケーションアプリ「テガラみる」と、アプリ利用により蓄積データを基にした上長への研修やコンサルティングサービスを提供しています。採用計画立案の支援から、採用実務・歩留まり改善、定着改善の支援まで一気通貫でサポートしています。

PDFをダウンロード