プロロジス、千葉北IC至近に、マルチテナント型・BTS型併設の物流拠点「プロロジスパーク千葉」を開発

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:山田御酒)は、千葉県千葉市稲毛区において、賃貸用物流施設2棟からなる「プロロジスパーク千葉」の開発を決定したと発表しました。

東関東自動車道「千葉北IC」至近の敷地内に、マルチテナント型施設「プロロジスパーク千葉1」と、特定企業専用(BTS型)施設「プロロジスパーク千葉2」の開発を計画し、入居企業を募集します。大型の先進的物流施設の供給が少ない同エリアに、両タイプを併設することでスペースニーズを持つ企業へ多様な選択肢を提供いたします。

プロロジスパーク千葉 竣工イメージ
「プロロジスパーク千葉1」(右)、「プロロジスパーク千葉2」(左) 完成イメージ

■ 開発予定地

「プロロジスパーク千葉」は、千葉湾岸エリアから約6kmに位置し、国道16号と東関東自動車道の結節地点に開発されます。東関東自動車道「千葉北IC」からわずか約3km、京葉道路「穴川IC」からも約4kmと至近です。 
東関東自動車道と京葉道路の両高速を利用して都心部へアクセスすることが可能で、国道16号を利用した首都圏配送の利便性にも優れています。需要の高い物流施設集積地である、国道16号沿いと千葉湾岸部の両特性を併せ持つエリアと言えます。

プロロジスパーク千葉 中域図

計画地周辺を包括する千葉市及び隣接市内には複数の住宅地が広がり、入居企業の円滑な労働力確保が期待できます。Eコマース、首都圏へ配送する食品・日用雑貨、空港を利用した国際貨物など、多様な物流ニーズに対応できる物流適地です。

■ 施設計画概要

「プロロジスパーク千葉」は、約96,300㎡の敷地内に、延床面積約145,000㎡のマルチテナント型施設「プロロジスパーク千葉1」と、延床面積約66,000㎡のBTS型施設「プロロジスパーク千葉2」を擁する物流ハブとして開発されます。BTS型施設は、入居企業の要望に応じて設計予定です。マルチテナント型も、ドライ倉庫以外に、冷凍冷蔵倉庫を含めてあらゆるニーズを想定し、今後のプレマーケティングによって仕様を決定します。アメニティ面では、多くの雇用を想定し、専用送迎バスの運行、保育スペースの設置、カフェテリアスペースの拡充など、働く人への環境を重視した施設計画を検討しています。

マルチテナント型施設 「プロロジスパーク千葉1」計画概要

名称 プロロジスパーク千葉1
開発地 千葉県千葉市稲毛区
敷地面積 約65,200m²(約19,720坪)
計画延床面積 約145,500m²(約44,000坪)
構造 地上5階建て
着工予定 2018年夏
竣工予定 2019年秋

BTS型施設 「プロロジスパーク千葉2」計画概要

名称 プロロジスパーク千葉2
開発地 千葉県千葉市稲毛区
敷地面積 約31,100m²(約9,400坪)
計画延床面積 約66,000m²(約20,000坪)
構造 構造地上4階建てを想定 (入居企業の希望によりカスタマイズ)
着工予定 2018年
竣工予定 2019年

■ 千葉県内のプロロジスパーク

千葉県においては、「プロロジスパーク市川1/2/3」や「プロロジスパーク千葉ニュータウン」など、19棟の物流施設を開発・運営中であり、「プロロジスパーク千葉1」が20棟目となります。
プロロジスは、今後もお客様の物流効率化のニーズにお応えすべく、物流施設の開発・運営を進めてまいります。

PDFをダウンロード