プロロジス、物流施設の詳細がわかる新ウェブサイトと新たなタグラインを公開

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:山田御酒)は、企業ウェブサイトを一新し、4月27日より公開しました。また、企業姿勢を表す言葉として新たなタグライン(キャッチフレーズ)を決定しました。

■ 新ウェブサイト

新ウェブサイトでは、検索機能によりプロロジスが運営する物流施設の情報が見られるほか、入居カスタマーの施設利用事例などを紹介しています。これまでのウェブサイトでは掲載していなかったコンテンツを充実させ、お客様への情報提供の場として活用してまいります。
今後は、グローバルで物流不動産マーケットなどについて調査しているプロロジスリサーチのレポートなども掲載していく予定です。

■ 新タグラインの決定

新たなタグラインは、グローバルでは“Ahead of what’s next”、国内では「未来、その先へ」とし、4月より使用を開始しました。タグラインの通り、物流施設の開発・運営において常に先進性を持って取り組むとともに、先を見据えた新たなサービスや価値をカスタマーに提供し続けることをめざします。

ロゴ_タグラインJP

 

PDFをダウンロード