プロロジス 2018年第2四半期決算結果発表 要旨

プロロジス(世界本社:米カリフォルニア州サンフランシスコ)は、2018年7月17日(現地時間)に2018年第2四半期(4月~6月)の決算結果を発表しました。

プロロジス会長 兼CEOのハミード R. モガダムは、次のように述べました。「第1四半期からの勢いは続いており、当社のポートフォリオとバランスシートは歴代で最も良い状態にあります。我が社は最高の結果を出しつつ、 競争優位性を高めるイニシアチブの構築に注力しています。近頃、懸念されている貿易摩擦や保護貿易政策が施行されれば、長期的経済成長は窮地に陥り、産業界に多大な影響を与えると考えられます。しかし、現段階では当社カスタマーは各自の成長戦略に基づいて前進しており、特に影響や変化は見られません。」

最高財務責任者のトーマス S. オリンガーは、「不動産ファンダメンタルズは記録的に堅調です。当社の最新の見通しでは、市場賃料上昇率と年初来の実績を合わせ、年間ガイダンス(収益予想)の振れ幅の縮小が見込まれます。同一施設の実質賃貸と市場賃料の開きが第2四半期で更に広がり、業界を牽引する成長への道筋を拡張してくれました。」と述べました。

【2018年第2四半期(4月~6月)の実績】

  2018年
第2四半期
2017年
第2四半期
1株あたりの純利益 0.62ドル 0.50ドル
1株あたりのコアFFO 0.71ドル 0.84ドル
期末時点の運営中施設稼働率 97.4% 96.2%
賃貸契約発効 約360万㎡ 約306万㎡
既存施設におけるリース契約時の実質賃料上昇率(会計上) 15.3% 16.0%
同一施設NOI上昇率(会計上) 4.7% 3.4%
  • 約10億9,050万ドル(約1,232億2,600万円*)の投資
    • 約9億1,690万ドル(約1,036億970万円*)の新規開発スタート
    • 約1億7,360万ドル(約196億1,680万円*)の物流施設を取得
  • 約8億3,560万ドル(約944億2,280万円*)の物流施設を安定稼働へ
  • 約5億7,410万ドル(約648億7,330万円*)の物流施設・開発用地を売却またはファンド移管(安定稼働後のキャップレートは5.1%)

【2018年のガイダンス(収益予想)】

  修正前 修正後
1株あたりの純利益 2.50ドル ~ 2.60ドル 2.80ドル ~ 2.86ドル
1株あたりのコアFFO 2.95ドル ~ 3.01ドル 2.98ドル ~ 3.02ドル
年度末の施設稼働率 96.25% ~ 97.25% 97.00% ~ 97.50%
同一施設のNOI上昇率(プロロジス持ち分) 5.5%~ 6.5% 6.25%~ 6.75%
ストラテジックキャピタルからの収益(ファンド運営からの手数料収入を含む)

3億3,000万ドル~3億5,200万ドル 
(約372億9,000万円~397億7,600万円*)

3億3,800万ドル~3億5,800万ドル 
(約381億9,400万円~404億5,400万円*)
一般管理費 2億2,700万ドル~2億3,700万ドル 
(約256億5,100万円~267億8,100万円*)
2億2,700万ドル~2億3,700万ドル 
(約256億5,100万円~267億8,100万円*)
開発利益 3億5,000万ドル~4億5,000万ドル 
(約395億5,000万円~508億5,000万円*)
4億5,000万ドル~5億ドル 
(約508億5,000万円~565億万円*)
保有物流施設の安定稼働化 21億ドル~23億ドル 
(約2,373億円~2,599億円*)
21億ドル~23億ドル 
(約2,373億円~2,599億円*)
開発着手 26億ドル~30億ドル 
(約2,938億円~3,390億円*)
28億ドル~32億ドル 
(約3,164億円~3,616億円*)
物流施設の取得 5億ドル~8億ドル 
(約565億円~904億円*)
5億ドル~8億ドル 
(約565億円~904億円*)
物流施設・開発用地の売却 22億ドル~26億ドル 
(約2,486億円~2,938億円*)
22億ドル~26億ドル 
(約2,486億円~2,938億円*)
物流施設のファンド移管 18億ドル~22億ドル 
(約2,034億円~2,486億円*)
18億ドル~22億ドル 
(約2,260億円~2,712億円*)

* 1米ドル=113円換算

本資料は2018年7月17日(現地時間)に世界本社で発表したリリースの抄訳を当サイトに掲載したものです。