プロロジス、大阪府門真市にて、株式会社加勢の専用物流(BTS型)施設「プロロジスパーク門真」の竣工式を挙行

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:山田 御酒)は、本日、3PL・4PL*企業の株式会社加勢(本社:大阪府大阪市、代表取締役:風間 國義、以下加勢)の専用物流施設「プロロジスパーク門真」の竣工式を、大阪府門真市の同施設内にて執り行いました。

竣工式には株式会社加勢 風間 國義 代表取締役をはじめ関係者の方々、設計・施工を担当した株式会社フジタ 奥村 洋治 代表取締役社長をはじめ関係者の方々、プロロジスからは代表取締役社長山田 御酒らが参列し、施設の完成を祝うと同時に、今後の事業の発展を祈願しました。

プロロジスパーク門真(リリース181023)

「プロロジスパーク門真」

プロロジスのリピートカスタマーである加勢は、独自の工程管理システムを活用した効率的な業務分析を強みとしており、大阪市内に近接する都心立地で、かつ近畿2府4県の最も中心部に位置する「プロロジスパーク門真」を、高付加価値を有する戦略的拠点と位置付け、進出を決断しました。

■ 施設概要

「プロロジスパーク門真」は、約8,300㎡の土地に、4階建て延床面積約16,600㎡の、都心型物流施設として開発されました。近畿自動車道「門真」ICまで約900m、第二京阪道路「第二京阪門真」ICまで約1.5kmといずれも至近であり、さらに、最寄り駅である大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線「門真南」駅から、心斎橋まで26分、梅田まで39分と、通勤の観点からも利便性が高い立地です。近隣には住宅地が広がり、雇用確保にも非常に有利なエリアにあります。

「プロロジスパーク門真」概要

名称 プロロジスパーク門真
所在地 大阪府門真市東田町
敷地面積 約8,300㎡(約2,510坪)
延床面積 約16,600㎡(約5,020坪)

構造

地上4階建、RC+S造
着工 2017年11月
竣工 2018年10月

昨今のeコマースの更なる発展により、サプライチェーンの構造変化は世界共通のトレンドです。人口の都市集中化、トラックドライバー不足などの社会問題を背景に、ラストワンマイル配送の効率化が今後、より一層大きな課題となります。こうした状況から、都心中心部に近接した物流施設の需要は更に高まると予想され、「プロロジスパーク門真」は今後のマーケットを鑑みた当社のグローバル戦略に基づいた施設開発の一つです。

*4PL:複数の3PL企業をネットワーク化し、アウトソーシング業務を受託することで、より効率的な物流サービスを提供する事業者

PDFをダウンロード