プロロジス、「プロロジスパーク千葉1」契約率が100%、竣工前の「プロロジスパーク千葉2」は契約率50%に

~「プロロジスパーク千葉」全体の総契約面積は150,000㎡に~

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:山田 御酒)は千葉県千葉市で開発中の「プロロジスパーク千葉2」において、国内大手3PL企業と新たに約30,000㎡の賃貸借契約を締結したことを発表しました。

これにより、「プロロジスパーク千葉2」は2020年11月の竣工に先立ち契約率50%となりました。また、同じ敷地内に一体開発し2019年9月に竣工した「プロロジスパーク千葉1」でも最終区画の賃貸契約を締結し、契約率が100%に達しました。「プロロジスパーク千葉」全体では、賃貸可能面積約180,000㎡のうち約150,000㎡が契約済みとなりました。未契約区画は「プロロジスパーク千葉2」の30,000㎡のみとなり、引き続き入居企業を募集しています。

プロロジスパーク千葉1、2(リリース200409)

2019年9月に竣工した「プロロジスパーク千葉1」(左奥)、2020年11月竣工予定の「プロロジスパーク千葉2」(右)

この度「プロロジスパーク千葉2」において契約を締結した国内大手3PL企業は、千葉北ICをはじめとする複数のインターチェンジへの近接性などを評価し「プロロジスパーク千葉2」への入居を決定しました。同社は「プロロジスパーク千葉2」の1・2階に入居し、千葉市内を中心としたエリア配送の拠点として利用する予定です。

■ 「プロロジスパーク千葉2」について

「プロロジスパーク千葉2」は、約30,000㎡の敷地に地上4階建て、延床面積約68,000㎡のマルチテナント型物流施設として開発中であり、2020年11月の竣工を予定しています。募集賃貸区画は約12,000㎡と17,000㎡のメゾネット型で保管効率と荷捌きの迅速性を両立させており、EC物流にも利便性の高い設計となっています。
開発地は、千葉湾岸エリアから約6kmに位置し、国道16号と東関東自動車道の結節地点です。東関東自動車道「千葉北IC」からわずか約3km、京葉道路「穴川IC」からも約4kmと至近に位置しています。周辺には複数の住宅集積地が広がり、円滑な雇用確保が期待できるエリアです。

「プロロジスパーク千葉2」計画概要

名称 プロロジスパーク千葉2
開発地 千葉県千葉市稲毛区六方町210-1
敷地面積 30,176.41㎡(9,128.36坪)
延床面積(予定) 68,211.61㎡(20,634.01坪)
構造 地上4階建て、RC造(一部S造)
着工 2019年6月
竣工予定 2020年11月
詳細 https://www.prologis-sp.jp/pp_chiba2/
PDFをダウンロード