プロロジス 2020年第1四半期決算結果発表 要旨

プロロジス(世界本社:米カリフォルニア州サンフランシスコ、NYSE:PLD)は、2020年4月21日(現地時間)に2020年第1四半期(1月~3月)の決算結果を発表しました。

プロロジス会長 兼CEOのハミード R. モガダムは、「第1四半期における堅調な運営パフォーマンスは、当社が世界の消費をけん引するマーケットに長期的に焦点を当ててきた成果です。新型コロナウィルスの拡大という困難な状況下ではあるものの、当社は従前より困難な局面を想定した準備ができており、従業員の力、戦略、ポートフォリオの強さに自信があります。」と述べました。

最高財務責任者のトーマス S. オリンガーは、「当社は、強固な財務状態で新型コロナウィルスの拡大期を迎えました。資金流動性と投資キャパシティは非常に高く、配当金を支払うための流動性も充分確保されています。また、当社は2022年までに弁済期を迎える連結の債務の借り換え等に着手しました。 当社は収益を今後3年間にわたる為替変動のリスクから分離しており、自己資本も95%が米ドル建てです。」と述べました。

【2020年第1四半期(1月~3月)の実績】

 
2020年
第1四半期
2019年
第1四半期
備考
1株当たり純利益
0.70ドル
0.55ドル
 
1株あたりのコアFFO
0.83ドル*
0.73ドル*
*ファンド運営からの 手数料なし
期末時点の運営中施設稼働率
95.5%
96.8%
 
賃貸契約締結
約325万㎡
約399万㎡
 
既存顧客契約更改率
75.5%
75.8%
 
既存施設におけるリース契約時の
実質賃料上昇率(会計上)
20.4%*
19.8%
 
同一施設NOI上昇率 (プロロジス持分)
4.6%
5.5%
 
  • 約7億4,500万ドル(約804億6,000万円)の投資
    -約3億900万ドル(約333億7,200万円)の新規開発スタート
    -約4億3,600万ドル(約470億8,800万円)の物流施設を取得
  • 約7億4,200万ドル(約801億3,600万円)の物流施設を安定稼働へ
  • 約8億4,600万ドル(約913億6,800万円)の物流施設・開発用地を売却またはファンド移管(安定稼働後のキャップレートは4.8 %)
  • 約146億ドル(約1兆5,768億円)の物流不動産ポートフォリオ取得(プロロジス持分)

【2020年のガイダンス(収益予想)】

 
修正前
修正後
1株あたりの純利益
1.98 ~ 2.13ドル
1.81 ~ 1.88ドル
1株あたりのコアFFO
3.67 ~ 3.75ドル
3.55 ~ 3.65ドル
年度末の施設稼働率
96.0% ~ 97.0%
94.5% ~ 96.0%
同一施設のNOI上昇率
(プロロジス持分)
4.25% ~ 5.25 %
1.75% ~ 3.25%
保有物流施設の安定稼働化
22億ドル~25億ドル
(約2,376億円~2,700億円)
19億ドル~22億ドル
(約2,052億円~2,376億円)
開発着手
20億ドル~24億ドル
(約2,160億円~2,592億円)
5億ドル~8億ドル
(約540億円~864億円)
物流施設の取得
5億ドル~7億ドル
(約540億円~756億円)
4億5,000万ドル
(約486億円)
物流施設の移管
6億ドル~9億ドル
(約648億円~972億円)
6億5,000万ドル
(約702億円)
物流施設・開発用地の売却
13億ドル~15億ドル
(約1,404億円~1,620億円)
2億5,000万ドル
(約270億円)
開発利益
3億ドル~4億ドル
(約324億円~432億円)
2億8,000万ドル
(約302億4,000万円)
ストラテジック
キャピタルからの収益
(ファンド運営からの
手数料収入を含む)
4億6,500万ドル~4億7,500万ドル
(約502億2,000万円~513億円)
4億6,000万ドル~4億7,000万ドル
(約496億8,000円~507億6,000万円)
一般管理費
2億7,500万ドル~2億8,500万ドル
(約297億円~307億8,000万円)
2億7,000万ドル~2億8,000万ドル
(約291億6,000万円~302億4,000万円)

* 1米ドル=108円換算

※ 本資料は2020年4月21日(現地時間)に世界本社で発表したリリースの抄訳です。