リリース/最新情報

グローバルリリース - Transaction

ブラジルの共同出資ファンドについて共同出資者の持分を取得し、自社所有に

プロロジスは、ジョイントベンチャーとして所有しているブラジルのファンド"プロロジスCCP" について、12億ブラジルレアルでパートナーの持分を買い取る協議に入ったと発表しました。

DHL専用施設(オランダ ユトレヒト)

プロロジス、2017年上半期中に20棟、計68万㎡の 特定企業専用(BTS型)物流施設を竣工

プロロジスは、2017年上半期(1月~6月)の間に、グローバルで20棟の特定企業専用(BTS型)物流施設を竣工したと発表しました。

グローバルリリース - Leadership

Plug and Playと提携しサプラインチェーンやロジスティクスのスタートアップを支援

プロロジスは、世界的なスタートアップ・エコシステムであり、ベンチャーファンドであるPlug and Play と、パートナーシップを組むことを発表しました。

プロロジスパーク古河3 完成イメージ

プロロジス、茨城県古河市にてセンコー専用物流(BTS型)施設「プロロジスパーク古河3」の起工式を挙行

プロロジスは、茨城県古河市において、センコー株式会社(大阪市北区)の専用物流(BTS型)施設「プロロジスパーク古河3」の起工式を執り行いました。

プロロジスパーク千葉ニュータウン 外観

プロロジス、アパレルファッションのEC物流拠点として「プロロジスパーク千葉ニュータウン」がフル稼働へ

プロロジスは、千葉県印西市のマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク千葉ニュータウン」において、新たに二社と合計約81,000㎡の賃貸契約を締結しました。これにより同施設は満床となり、賃貸面積の約9割が、ファッション・アパレルEC物流を行う入居カスタマーにより利用されます。

プロロジスパークつくば1 完成イメージ

プロロジス、スタートトゥデイ専用物流(BTS型)施設「プロロジスパークつくば1」の開発に着手

プロロジスは、アパレルEC大手の株式会社スタートトゥデイと約65,000㎡の賃貸契約を締結し、茨城県つくば市において「プロロジスパークつくば1」の開発に着手することを発表しました。

IMPACT Day 2017 ペンキ塗り作業(東京)

プロロジス、世界18カ国で従業員1,300名が一斉ボランティア

プロロジスは、5月19日に、グローバルの全従業員が一斉にボランティアに取り組む「IMPACT Day(インパクトデー)*」を実施しました。

報道機関の皆様へ

報道に関するお問い合わせは
下記よりお願いいたします。

報道関係者お問い合わせフォーム

※ウェブサイトに掲載されていない過去の報道/プレスリリースについてもこちらまでお願いいたします。


※報道機関以外の皆様は、内容に応じて
お問い合わせページよりご連絡ください。