プロロジスナビ(カスタマー専用サイト)  利用規約

第1条(目的)

プロロジスナビ利用規約(以下、「本利用規約」といいます。)は、株式会社プロロジス(以下、「当社」といいます。)が提供する情報共有サービスの利用に関する条件等を、本サービスの利用者と当社との間で定めるものです。

第2条(定義)

本利用規約では、以下の用語を使用します。

  1. 「会員」とは、利用者のうち、クラウドストレージサービスおよび会議室オンライン予約サービスにつき、当社が定める手続きに従って会員登録を完了した者をいいます。
  2. 「会議室オンライン予約サービス」とは、当社が管理する物件の会議室を予約できるサービスをいい、会員のみがアクセスできるサービスをいいます。
  3. 「クラウドストレージサービス」とは、当社が管理する物件にかかる文書を管理するためのクラウドストレージサービスをいい、会員のみがアクセスできるサービスをいいます。
  4. 「コンテンツ」とは、本サービスを通じてアクセスすることができる文書、音声、音楽、画像、動画、ソフトウェア、プログラム、コードその他の情報をいいます。
  5. 「本サービス」とは、当社が管理する物件に係る情報共有サービスをいい、クラウドストレージサービスおよび会議室オンライン予約サービスも含みます。
  6. 「利用者」とは、本サービスの利用者をいい、会員を含みます。

第3条(本利用規約への同意および本サービスの利用条件)

  1. 本サービスの利用に際し、利用者は、本利用規約、その他本サービスに関して別途通知される告知ならびに注意事項等(以下、総称して「本利用規約等」といいます。)に同意していただく必要があります。
  2. 利用者が本利用規約等に同意しない場合は、本サービスを利用することはできません。
  3. 利用者は、本サービスを利用する場合、本利用規約等に同意したものとみなされます。
  4. 利用者は、本サービスを利用するにあたり、本利用規約等を遵守するものとします。
  5. 本サービスは、日本国内においてのみ利用することができるものとします。

第4条(利用者登録)

  1. 本サービスの利用にあたっては、当社が定める手続きに従い、利用登録を行っていただく必要があります。かかる登録に不備があった場合、本サービスをご利用いただくことはできません。
  2. 利用者は、利用登録にあたり、真実、正確かつ完全な情報を提供しなければなりません。
  3. 当社は、次の各号のいずれかにあたる場合、事前の通知・催告を行うことなく、利用登録を承諾せず、または利用登録を取り消し、もしくは一時中断することができます。
    1. 登録事項に虚偽の事実や重大な不備があったとき
    2. 利用登録者が実在しないとき
    3. 同一人物が複数の利用登録を行ったとき
    4. 本サービスの運営を妨害したとき
    5. 過去、本利用規約等に違反する等、本サービスの停止または除名処分をうけたことがあるとき
    6. その他当社が利用者として不適切と判断したとき
  4. 利用者は、利用登録にあたり入力した情報に変更が生じた場合、速やかに当社が定める変更手続きを行うものとします。利用者が当該変更手続きを怠った場合、利用者は、本サービスを利用できない場合があります。
  5. 利用者は、自己の責任において、IDおよびパスワードの管理を行うものとします。また、これを第三者に利用させ、または第三者へ貸与、譲渡、名義変更、売買その他処分を行うことはできません。
  6. IDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による不利益は、利用者が負うものとし、当社はその責任を一切負いません。
  7. 利用者は、IDおよびパスワードが第三者に不正に使用されていることが判明したときは、ただちにその旨を当社に連絡するとともに、当社の指示に従うものとします。
  8. 利用者は、本サービスの運用に関連して、当社が利用者に対してeメールで通知、広告その他の告知のメッセージを送信することを予め了承するものとします。

第5条(会員登録)

  1. クラウドストレージサービスおよび会議室オンライン予約サービスの利用にあたっては、第4条に定める利用者登録に加え、当社が定める手続きに従い、会員登録を行っていただく必要があります。かかる会員登録に不備があった場合、会員ページをご利用いただくことはできません。
  2. 会員は、会員登録にあたり、会員にかかる真実、正確かつ完全な情報を提供しなければなりません。
  3. 当社は、次の各号のいずれかにあたる場合、事前の通知・催告を行うことなく、会員登録を承諾せず、または会員登録を取り消し、もしくは一時中断することができます。
    1. 登録事項に虚偽の事実や重大な不備があったとき
    2. 会員登録者が実在しないとき
    3. 同一人物が複数の登録申し込みを行ったとき
    4. 本サービスの運営を妨害したとき
    5. 過去、本利用規約等に違反する等、本サービスの停止または除名処分をうけたことがあるとき
    6. その他当社が会員として不適切と判断したとき
  4. 会員は、会員登録にあたり入力した情報に変更が生じた場合、速やかに当社が定める変更手続きを行うものとします。会員が当該変更手続きを怠った場合、会員は、本サービスを利用できない場合があります。
  5. 会員は、自己の責任において、IDおよびパスワードの管理を行うものとします。また、これを第三者に利用させ、または第三者へ貸与、譲渡、名義変更、売買その他処分を行うことはできません。
  6. IDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による不利益は、会員が負うものとし、当社はその責任を一切負いません。
  7. 会員は、IDおよびパスワードが第三者に不正に使用されていることが判明したときは、ただちにその旨を当社に連絡するとともに、当社の指示に従うものとします。
    会員は、本サービスの運用に関連して、当社が会員に対してeメールで通知、広告その他の告知のメッセージを送信することを予め了承するものとします。

第6条(本サービスの利用料金)

本サービスの利用料は無料とします。ただし、本サービスを利用するために必要な通信機器等の設備、インターネット接続にかかわる通信等の費用は、利用者が負担するものとします。

第7条(秘密保持)

  1. 本利用規約において、「秘密情報」とは、本サービスに関連して、利用者が、当社から文書、口頭、電磁的記録媒体その他開示の方法および媒体を問わず開示され、または知り得た一切の情報(コンテンツも含みます。)をいいます。ただし、次の各号に定める情報は秘密情報に含まれないものとします。

    1. 開示されまたは知得した時点で、すでに公知であった情報
    2. 開示されまたは知得した時点で、利用者の既知に属するものであり、開示または知得後遅滞なく既知であったことを当社に申告した情報
    3. 開示されまたは知得した後、利用者の責めによらず公知となった情報
    4. 開示されまたは知得した後、利用者が第三者から秘密保持義務を負うことなく適法に入手した情報
    5. 開示されまたは知得した情報によらず、利用者が独自に開発または創作した情報
  2. 利用者は、秘密情報を、本サービスの利用以外の目的に使用してはならず、当社の事前の書面による承諾を得ることなく、第三者に開示または漏洩してはならないものとします。
  3. 前項の定めにかかわらず、利用者は、法令または裁判所、監督官庁、金融商品取引所その他当社を規制する権限を有する公的機関の裁判、規則、命令もしくは要請に従い、秘密情報を開示することができるものとします。ただし、利用者は、かかる開示を行うにあたっては、法令等により禁止されている場合および監督権限に基づく要請を受けている場合を除き、事前に当社に対して当該開示について通知するとともに、必要最低限の範囲の開示となるように合理的に可能な範囲で努めるものとします。
  4. 利用者は、秘密情報を複製、複写、翻案等するときは、事前に当社の書面による承諾を得るものとし、複製物等については、第2項の規定に準じて厳重に管理するものとします。
  5. 利用者は、当社が秘密情報の返還または破棄を要請したときは、速やかに秘密情報(複製物も含みます。)を返還または破棄するものとします。破棄した秘密情報に関し、当社が要請した場合には、利用者は破棄に関する証明書を提出するものとします。

第8条(個人情報の取扱)

  1. 当社は、利用者に提供いただく個人情報を、不正アクセス、紛失、改竄、窃取がないよう適切に管理し、当社が別に定めるプロロジス個人情報保護方針(以下、「個人情報保護方針」といいます。)に従って適切に取り扱うものとし、利用者は、個人情報保護方針に従って当社が利用者の個人情報を取り扱うことについて同意するものとします。
  2. 当社は、利用者が当社に提供した情報、本サービスの利用データ等を、個人を識別できない形で解析、加工、集計および分析したうえで、統計データとして利用または開示することができるものとし、利用者は予めこれを承諾するものとします。

第9条(知的財産権)

本サービスおよびコンテンツにかかる著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権、ノウハウ等その他財産権(以下、総称して「知的財産権」といいます。)は、当社またはそれぞれの権利の権利者に帰属します。

第10条(本サービスの変更・停止・廃止)

  1. 当社は、業務上の都合により、利用者に事前に通知することなく、本サービスの内容、表示、操作方法、運用方法等を変更することができます。
  2. 当社は、次の各号のいずれかにあたる場合、利用者に事前に通知することなく、本サービスの提供を停止することがあります。
    1. 本サービスまたは本サービスを提供するために必要なシステムにかかる保守、工事もしくは点検を行うとき
    2. 火災、停電等の事故、地震、噴火、洪水等の天災、戦争、暴動、労働争議、テロ等により、本サービスを提供できないとき
    3. 本サービスもしくは本サービスにかかるシステムの障害等または第三者からの不正アクセス、コンピュータウィルスの感染等により、本サービスの提供ができなくなったとき
    4. 当社が運用上または技術上やむを得ず本サービスの提供を停止する必要があると判断したとき
    5. 法令等に基づく措置により本サービスを提供できないとき
    6. その他当社が本サービスの提供を継続することが困難であると判断したとき
  3. 当社は、自己の都合により本サービスの提供を廃止することができるものとします。

第11条(禁止事項)

  1. 利用者は、本サービスの利用にあたって、次の各号に掲げる行為を行ってはならないものとします。なお、次の各号に掲げる行為には当該行為を誘引する行為を含みます。

    1. 当社が管理する物件の利用に必要な範囲を超えて、本サービスまたはコンテンツを利用する行為、またはそのおそれのある行為
    2. 本サービスを通じて得た情報またはコンテンツにつき、個人としての私的利用の範囲を超えての利用もしくは第三者の利用に供する行為、またはそのおそれのある行為
    3. 本サービスの複製、修正、変更、改変、翻案、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルその他これに類する行為、またはそのおそれのある行為
    4. 本サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける行為、またはそのおそれのある行為
    5. コンピュータウィルス等の有害なコンピュータプログラムを使用または提供する行為、またはそのおそれのある行為
    6. 本サービスの運用を妨げまたは支障を及ぼすような行為またはそのおそれのある行為
    7. 事実に反する情報を提供する行為、またはそのおそれのある行為
    8. 当社もしくは第三者の知的財産権、営業秘密、財産、プライバシーその他の権利を侵す行為、またはそのおそれのある行為
    9. 当社もしくは第三者に迷惑、不利益、損害を与える行為、またはそのおそれのある行為
    10. 犯罪的行為、または犯罪的行為に結びつくおそれのある行為
    11. 法令、本利用規約等もしくは公序良俗に違反する行為、またはそのおそれのある行為
    12. その他当社が不適切であると判断する行為
  2. 当社は、利用者が前項に違反した場合、当該利用者に対して本サービスの利用停止、損害賠償請求等必要な措置をとることができるものとします。
  3. 利用者は、第1項に違反する行為により当社または第三者に損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって、当該損害を賠償するものとします。

第12条(当社の免責)

  1. 当社は、明示、黙示を問わず、本サービスまたはコンテンツが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・価値・正確性・確実性・有用性を有すること、不具合が生じないこと、使用機器に適合すること、その他一切の事項について何ら保証するものではありません。
  2. 本サービスを利用するにあたり必要となる機器、およびネットワーク等の環境は、利用者が、自己の責任と費用において用意するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  3. 当社は、次の各号に定める事項につき、一切責任を負わないものとし、利用者が自己の責任で解決するものとします。
    1. 本利用規約等に違反した結果、利用者および第三者に生じた損害
    2. 本サービスの提供、提供の遅滞、変更、停止および終了による利用者の損害
    3. 利用者が本サービスまたはコンテンツを利用したこと、または利用しなかったこと、その他本サービスまたはコンテンツに関連して生じた利用者の損害
  4. 前項の規定は、当社に故意または重過失がある場合、または利用者が消費者契約法上の消費者にあたる場合には適用しません。
  5. 何らかの理由により、当社が利用者に対して損害賠償責任を負う場合であっても、当社の責任は、当社の過失(ただし、重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為により利用者に生じた損害のうち現実に発生した直接かつ通常の損害に限るものとします。

第13条(反社会的勢力の排除)

  1. 利用者は、現在および将来において、自己(実質的に経営権を有する者または経営に実質的に関与している者等を含み、以下同じです。)または自己の役職員が、反社会的勢力(暴力団、暴力団構成員、暴力団構成員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいい、以下同じです。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、保証するものとします。

    1. 反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること
    2. 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. 自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること
    4. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    5. 役員または経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること
    6. 反社会的勢力または前各号のいずれかに該当する者またはこれに準ずる反社会的な集団または個人と人的・資本的・経済的に深い関係を有すること
    7. その他前各号に準ずる者
  2. 利用者は、現在および将来において、自らまたは第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを表明し、保証するものとします。
    1. 詐術、暴力的行為または脅迫的言辞を用いる行為
    2. 違法行為または不当要求行為
    3. 業務を妨害する行為
    4. 名誉や信用等を毀損する行為
    5. その他前各号に準ずる行為

第14条(本利用規約の変更)

  1. 当社は、利用者の承諾を得ることなく、いつでも、本利用規約の内容を変更することができるものとし、利用者はこれを異議なく承諾するものとします。
  2. 本利用規約を変更した場合、当社は、変更後の利用規約を、速やかに利用者に通知するものとします。
  3. 本利用規約を変更した場合、当社が別途定める場合を除き、当社が前項に基づき変更後の利用規約を掲載した時点から変更後の利用規約の効力が生じるものとします。
  4. 本利用規約の変更後も、引き続き利用者が本サービスの利用を継続する場合、本利用規約の変更に同意したものとみなします。

第15条(本利用規約の有効性)

本利用規約のいずれかの条項またはその一部が、法令等により無効または執行不能であると判断された場合であっても、本利用規約のその他の規定および残りの部分は、継続して有効に存続するものとします。また、本利用規約のいずれかの条項またはその一部が、ある利用者との関係で無効とされまたは取り消された場合でも、本利用規約は、その他の利用者との関係では、継続して有効に存続するものとします。

第16条(準拠法および管轄裁判所)

  1. 本利用規約は、日本法に準拠し、これに従って解釈されます。
  2. 本利用規約に起因または関連して生じた一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

2022年3月8日制定