20周年のご挨拶と御礼

プロロジス日本法人は、今年20周年を迎えました。

この節目を迎えることができましたのは、ひとえにお客様、取引先企業様、当社施設の立地する地域の皆様といった多くの皆様の多大なるご支援の賜物であり、心より御礼申し上げます。

山田 御酒

発展の原動力

弊社が神谷町の小さな一室で事業をスタートした20年前、物流施設は自社で所有するのが当たり前での時代でした。「物流施設を賃貸する」という考え方は根付いておらず、今では当たり前となったランプウェイ付きの多層階施設に複数企業が入居するという考え方もありませんでした。まったく新しい考え方のビジネスモデルだったにもかかわらず、当社を信じ支えて頂いた当時からのお客様には感謝の念に堪えません。

それから20年、今では開発実績が国内最多の95棟となり、先進的物流施設のスタンダードを創ったと言われるまでになりました。
道中を振り返れば、リーマンショックや、東日本大震災による被災など、さまざまな困難もありました。そのような中でも、弊社が物流施設の開発・運営を続けてこられた原動力は、お客様の期待に応えたい、物流業界に新しい価値を提供したいという従業員の強い思いだったように思います。

未来、その先へ

未来に目を向けてみると、物流施設に求められるものは今後ますます多様化していくでしょう。お客様のさまざまな課題に応えるため、当社ではIoTやAIを活用した取り組み、施設内のビッグデータ活用、コンサルティングサービス、異業種の先進的企業との共同開発やパートナーシップなど、これまでと違った取り組みを加速しています。物流施設プロバイダーから、どんな時もお客様に寄り添えるソリューション(課題解決)プロバイダーへ。物流の未来を見据え、弊社も変わってまいります。

お客様と物流業界の発展の一助となれますよう、これからも従業員一同励んでまいる所存です。今後とも倍旧のお引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。
 

2019年10月
株式会社プロロジス
代表取締役社長 山田 御酒