企業活動における5つの目標

1

カスタマーの運営コスト削減に寄与する、エネルギー効率に優れた先進的な施設を提供するとともに、施設を開発する地域社会に対して持続可能な利益をもたらします。

2

サステイナブルな建築物に対する認証基準以上の施設を開発し、カスタマーの効率的な施設運営と、地域社会の持続的な成長を可能にします。

3

各国の従業員に対して省エネルギーへの取り組みを推奨し、プロロジスの企業活動における運営コストと環境への影響を軽減します。

4

地域社会団体と連携し、環境や教育、社会問題に取り組みます。

5

サプライヤーに対して、プロロジスの定める「サプライヤー行動指針」の順守を促します。

サステイナビリティへの取り組みと成果(2017年)

2017年12月31日現在

サステイナビリティ実態調査

プロロジスでは、環境、社会貢献、そしてガバナンスを極めて重要なテーマと位置づけ、2013年よりサステイナビリティへの取り組みについて実態調査を行っています。

この実態調査では、サステイナビリティに関する国際基準を策定する非営利団体、GRI(Global Reporting Initiative)が発行するGRIガイドラインに則ってレポーティングを行い、建築/不動産セクターにおいて、すべてのサステイナビリティレポートを開示しています。

Sustainability Report 2016 イメージ

2016 サステイナビリティレポート

2016年のサステイナビリティレポートには、長年にわたる我々のサステイナビリティへの取り組みを反映しています。

Sustainability Report image 2015

2015 サステイナビリティレポート

プロロジスのビジネス活動、および物流施設開発における長年の環境負荷軽減策についてご説明しています。