お客様の課題に取り組む充実感と、チームで動く楽しさを実感

T_Shiraishi_(イメージtemp)

白石
朋太
ディレクター

開発部 白石 朋太

2017年入社。営業担当として、賃貸用物流施設のご紹介・ご提案業務に従事する。お客様の入居条件をクリアするための社内外との折衝をはじめ、カスタマーサービス向上のための企画業務にも携わる。プロロジス入社以前は、不動産会社の法人営業に従事していた。


入社の決め手は?  お客様の声が集まる環境

常により良い施設づくり、新しいサービスを追及する企業姿勢に惹かれました。また、業界のパイオニアであり最大手なので、カスタマ―からの声が最も集まる環境で営業ができることも魅力でした。

入社して意外だったことは?  想像以上にチームワーク重視

プロロジス入社以前は不動産会社の法人営業として、仲介業務などに携わっていました。転職当初は、前職で求められたように「営業だから個人の力で数字をとる」と考えていましたが、プロロジスでは想定以上にチームワークが重視されたので初めは戸惑う部分もありました。

実際にプロジェクトに関わると、用地取得から開発段階、お客様入居後まで、さまざまな場面で部内はもちろん、他部署とも密に連携する必要があることがわかってきました。今ではチームでプロジェクトを成功させるおもしろさとありがたさを実感しています。全員で共通のゴールに向かって進むことや、経験や立場、部署をこえてお客様のために真剣に議論できるのが醍醐味です。

プロロジスの企業風土は?  全員がプロフェッショナル

仕事が嫌いな人がいない会社だと思います。全員がプロフェッショナルで、互いに尊重し合っているので、非常にフラットですし、年齢も経験も上の人たちでもこちらが信念を持っていれば真摯に耳を傾けてくれます。自分から声をあげれば必ず周りが呼応してくれサポートしてくるので、主体的に動くことが好きな方にはとても心地良い環境だと思います。

また、制度面では、フレックス勤務制度や、1時間からとれる傷病休暇や子どもの看護休暇、介護休暇など整っており、従業員の働きやすさに気を配ってくれていると感じます。

実は、当社への入社直前に第一子が生まれ、今は二人目の子育ての真っ最中なのですが、直属の上司も「家族を第一に考えて」と言ってサポートしてくれて、とてもありがたかったです。皆さん温かいので、妻もすっかり当社のファンになりました。

仕事のやりがいは?  お客様の課題に寄り添い、自らも成長

営業としてお客様の物流拠点の立ち上げを実現していく過程はもちろんですが、挑戦してみたいことに幅広く取り組めることもやりがいにつながっています。

お客様と接していると、物流拠点を探すことに留まらず、もっと総合的なサポートができればと感じる場面が多々あります。その解決案を社内で提案すると、すぐに利益化できるかどうかわからないことでも「お客様のためになるならやってみよう」という姿勢で後押ししてくれるので、お客様の困りごとを一緒に解決していけるのが嬉しいですね。

T_Shiraishi_img2(9664)

手を上げればどんどんチャレンジさせてくれるので、自分自身の仕事の幅も広がったと思います。

※所属表記および記事につきましては、取材当時の内容に基づいています