プロロジス 2021年第2四半期決算結果発表 要旨

プロロジス(世界本社:米カリフォルニア州サンフランシスコ、NYSE:PLD)は、2021年7月19日(現地時間)に2021年第2四半期(4月~6月)の決算結果を発表しました。

プロロジス会長 兼CEOのハミード R. モガダムは、「第2四半期の卓説した業績は、グローバルのポートフォリオの質、カスタマーとの関係、従業員の実行力によるものです。物流スペースへの需要は強固かつ多様であり、事業運営環境は過去38年の当社史上でもっとも健全な状態が続いています。マーケットにおける空室率は過去最低で、賃料と資産価値の記録的な上昇へとつながりました。」と述べました。

最高財務責任者のトーマス S. オリンガーは、「ガイダンス(収益予想)を再び全面的に上方修正しました。昨対のコアFFOは、ファンド運営からの手数料収入を除いた中間値で12.8%、分配金支払後に13億ドルのフリーキャッシュフローを創出できると予測しています。また、既存契約賃料と現在のマーケット賃料の差が17%近くに及ぶこと、180億ドル相当の開発余力を有する土地、そして業界随一のバランスシートによって、将来的な成長見通しも有望です。」と述べました。

【2021年第2四半期(4月~6月)の実績】
  2021年第2四半期 2020年第2四半期 備考
1株あたり純利益 0.81ドル 0.54ドル  
1株あたりのコアFFO* 1.01ドル 1.11ドル *ファンド運営からの手数料収入0.23ドルを含む
運営中施設平均稼働率 96.0%* 95.4% *第1四半期比で0.6%増
賃貸借契約締結 約455万m2 約390万m2  
既存施設契約更改率 70.8% 80.9%  
既存施設におけるリース契約時の実質賃金上昇率 21.2% 18.1%  
同一施設NOI上昇率(プロロジス持分) 5.8% 2.9%  
  • 約11億1,800万ドル(約1,229億8,000万円)の投資

    • 約6億8,700万ドル(約755億7,000万円)の新規開発スタート
    • 約4億3,100万ドル(約474億1,000万円)の物流施設を取得
  • 約7億6,000万ドル(約836億円)の物流施設を安定稼働へ
  • 約12億5,700万ドル(約1,382億7,000万円)の物流施設・開発用地を売却またはファンド移管(安定稼働後のキャップレートは4.6 %)
【2021年のガイダンス(収益予想)】
  修正前 修正後
1株あたりの純利益 2.80~2.90ドル 3.08~3.14ドル
1株あたりのコアFFO 3.96~4.02ドル 4.04~4.08ドル
施設平均稼働率 96.25%~96.75% 96.25%~96.75%
同一施設のNOI上昇率
(プロロジス持分)
4.5%~5.0% 5.25%~5.75%
ストラテジック
キャピタルからの収益
(ファンド運営からの
手数料収入を含む)

4億6,600万ドル~4億7,600万ドル
(約512億6,000万円~523億6,000万円)

4億8,000万ドル~4億9,000万ドル
(約528億円~539億円)
一般管理費 2億9,500万ドル~3億500万ドル
(約324億5,000万円~335億5,000万円)
2億9,500万ドル~3億500万ドル
(約324億5,000万円~335億5,000万円)
保有物流施設の
安定稼働化
27億ドル~30億ドル
(約2,970億円~3,300億円)
29億ドル~32億ドル
(約3,190億円~3,520億円)
開発着手 32億5,000万ドル~36億5,000万ドル
(約3,575億円~4,015億円)
35億ドル~39億ドル
(約3,850億円~4,290億円)
物流施設の取得 14億ドル~20億ドル
(約1,540億円~2,200億円)
15億ドル~21億ドル
(約1,650億円~2,310億円)
物流施設の移管 21億5,000万ドル~25億5,000万ドル
(約2,365億円~2,805億円)
24億ドル~28億ドル
(約2,640億円~3,080億円)
物流施設・開発用地
の売却
21億ドル~25億ドル
(約2,310億円~2,750億円)
26億ドル~30億ドル
(約2,860億円~3,300億円)
開発利益 7億ドル~8億ドル
(約770億円~880億円)
7億7,500万ドル~8億2,500万ドル
(約852億5,000万円~907億5,000万円)

* 1米ドル=110円換算

※ 本資料は2021年7月19日(現地時間)に世界本社で発表したリリースの抄訳です。