株式会社CAPES 西尾氏
担当講師略歴

西尾 浩紀(株式会社CAPES)

大学卒業後、ジュピターショップチャンネル株式会社、アビームコンサルティング株式会社を経て2015年株式会社MonotaRO入社。MonotaROではAGVピッキングシステムを始め、大規模マテハンを導入した物流センター立ち上げプロジェクトのマネージャーとして、業務プロセス設計から、総務・労務業務やスタッフ採用計画に至るまでの多岐に亘る業務設計をリード。センター稼働後はセンター長として約20名の社員・400名の作業スタッフを擁する現場において、2万件/日の出荷、20万種類の在庫を抱えるセンターマネジメントを実施。

2018年7月株式会社CAPESを設立。現在はパートナーとしてプロロジスで物流コンサルタントを務める。

カリキュラム

プロロジスアカデミーは、受講生が主体的に授業に取り組めるよう、全7回すべてが参加型のプログラムで構成されています。

受講対象:現在物流企画業務に携わっている、または今後携わる可能性のある社会人(25歳~35歳)

募集人数:6名(各社原則1名)

場  所:プロロジス 東京オフィス

主  催:プロロジス   プロロジスアカデミーに関するお問い合わせ 

【プロロジスアカデミー 2022年(第4期)カリキュラム】

テーマ/内容
第1回

開講挨拶/オリエンテーション

受講生自己紹介:各自業務概要説明と課題の共有・ディスカッション

第2回

受講生によるプレゼンテーション

<プレゼンテーションテーマ>
物流サービスの向上により成長した企業の取り組み、または物流現場を変革したテクノロジーとその活用事例について

Tips:フレームワークの活用方法

第3回

グループディスカッション

<ディスカッションテーマ>
社会環境の変化やテクノロジーの発展による物流の構造的変化と直面する課題について

Tips:プレゼンテーションのポイント

第4回

施設見学・ディスカッション

プロロジスパークに入居している物流の最先端企業のキーパーソンに話を聞き、理想的な物流施設についてディスカッションする

第5回

ワークショップ

業務遂行のために必要なスキルやノウハウについて検討・自覚するとともに、物流領域におけるキャリアデザインを考える

Tips:様々な思考メソッド

《エキストラ》

外部セミナー

物流業界で革新的な取り組みを実施している企業の具体的な事例を学ぶ

第6回

ケーススタディ

AGVを使用したピッキングソリューション導入の考え方を理解し、講義時間内に導入企画書を作成する

第7回(最終回)

受講生によるプレゼンテーション・卒業式

<プレゼンテーションテーマ>
半年間にわたるアカデミーでの学び・気づきと職場での実践方法について

 

 

プロロジスアカデミー2019(オリエンテーション)

オリエンテーション

プロロジスアカデミー2019(施設見学)

施設見学

プロロジスアカデミー2019(卒業プレゼンテーション)

卒業プレゼンテーション 

プロロジスアカデミー 卒業生の声

プロロジスアカデミー第2期卒業生(小田さん)
 

異業種の方との物流についての交流が取れる貴重な機会がこのアカデミーであると思います。私自身、知見を深めるだけでなく、講義の中で人脈を広げることもできました。

今後受講する方には、他社の話を聞くことで、自社ではどうなっているのか? マネできるところ、推奨できることなど意見や思いを出し合い、アカデミーを精一杯楽しんでいただきたいです。

佐川急便株式会社 小田 彩芽(第2期卒業)

第3期アカデミー卒業生(岡田さん)
 

これまでは書籍やニュース等でしか物流の知識を得る術がなく、ECの物流以外はあまり知識がありませんでしたが、アカデミーに参加したことで他業種の物流について学ぶことができ、考え方や興味の幅を広げることができました。

また、アカデミーのカリキュラムは一方的な講義形式ではなく、一つの議題に対して講師や他社の物流担当者の方々と議論する機会が多いので、アウトプットの機会が不足している方や、質を高めたい方におススメです!

株式会社ZOZO 岡田 亮二(第3期卒業)