「プロロジスパーク海老名2」は、物流適地として名高い海老名エリアに冷蔵機能を備えた物流施設として開発され、2021年8月の竣工を予定しています。
オイシックス・ラ・大地が運営する宅配サービスブランドOisixの専用施設となり、全国の契約農家から入荷した野菜や生鮮食品を「プロロジスパーク海老名2」に集約し、地域別の出荷準備のための拠点とします。

冷凍・冷蔵倉庫は、自社所有による開発が主流です。今回の開発においては、賃貸型物流施設に多いドライ倉庫の冷蔵仕様変更ではなく、プロロジスが当初から冷蔵倉庫として開発することで、入居カスタマーの負担を軽減します。

開発地は「圏央厚木IC」よりわずか1.9km、「海老名IC」からも約3.3kmと至近に位置し、2020年度上半期には、約6kmの地点に東名高速道路「(仮称)綾瀬スマートIC」が開通予定です。圏央道と東名高速道路との交差部にあたるため、関東全域および西日本方面や都心部へアクセスしやすい立地です。

また、小田急線「海老名駅」からも約2kmと近く、周辺には住宅地が広がっているため施設内従業員の雇用確保にも有利です。

 

地図

関連物流施設

プロロジスパーク海老名(神奈川県海老名市)
プロロジスパーク海老名

プロロジスパーク海老名

海老名市, 日本

キリン物流株式会社様が飲料商品の保管および配送拠点として利用されているBTS型物流施設です。物流総合効率化法に基づき、プロロジスとキリン物流が共同で総合効率化計画認定を申請し認定を受けて開発しました。
 

プロロジスパーク座間1
プロロジスパーク座間1

プロロジスパーク座間1

座間市, 日本

東名高速道路「横浜町田IC」や圏央道「圏央厚木IC」に近い物流適地に立地。

ダブルランプウェイ、免震装置、太陽光発電、非常時用の井戸水上化システム、非常用発電機、等を備えた、プロロジスのマルチテナント型物流施設の性能を体現する施設です。敷地内の共用棟には、レストランや会議室を備え...

プロロジスパーク座間2
プロロジスパーク座間2

プロロジスパーク座間2

座間市, 日本

東名高速道路「横浜町田IC」や圏央道「圏央厚木IC」に近い物流適地に立地。

ダブルランプウェイ、免震装置、太陽光発電、非常時用の井戸水上化システム、非常用発電機、等を備えた、プロロジスのマルチテナント型物流施設の性能を体現する施設です。敷地内の共用棟には、レストランや会議室を備え...