「プロロジスパークつくば2」は、約50,000㎡の敷地に、4階建て延床面積約110,000㎡の物流施設として開発しています。ダブルランプウェイにより、大型車両が直接上階にアクセス可能。将来的な庫内オペレーション自動化の可能性も考慮し、ワンフロア最大約26,000㎡を確保しています。

「プロロジスパークつくば2」は、圏央道「つくば中央」ICから約8.0㎞地点、常磐道「土浦北」ICから約8.5㎞、「谷田部」ICから約13㎞の地点に立地しており、北関東方面への配送に加えて、都心および仙台方面へのアクセス利便性にも優れる物流適地です。圏央道の開通により、都心部を経由することなく東西広域および東日本全域をカバーすることが可能になり、広域戦略拠点としても活用できるようになりました。

開発地周辺には住宅地や大学・研究機関が立地しており、現役世代人口の多い、雇用確保にも有利な環境です。また、つくばエクスプレス線「つくば」駅より約3.5㎞と利便性の高い立地です。

 

 

地図

関連物流施設

プロロジスパークつくば1(1-A/1-B)
プロロジスパークつくば1

プロロジスパークつくば1

つくば市, 日本

アパレルEC大手、株式会社ZOZOのBTS型物流施設。フルフィルメント業務全般を行う物流施設として、同社が利用する「プロロジスパーク習志野4」に次ぐ基幹拠点となります。

プロロジスパーク古河1(茨城県古河市)
プロロジスパーク古河1

プロロジスパーク古河1

古河市, 日本

医薬品卸のスズケングループ様のBTS型物流施設として、「プロロジスパーク神戸2」とともに、二棟同時に開発しました。両施設は、医薬品物流の東西における広域拠点として利用されており、「プロロジスパーク古河1」は東日本全域の配送拠点となっています。

商品の温度管理のためドックシェルターを装備するなど医薬...

プロロジスパーク古河2(茨城県古河市)
プロロジスパーク古河2

プロロジスパーク古河2

古河市, 日本

「プロロジスパーク古河2」プロジェクトは、日立物流ファインネクスト株式会社とプロロジスの共同開発案件です。一般倉庫のBTS型物流施設と、危険物倉庫8棟を併設した戦略拠点として利用されています。