プロロジス、日本における「働きがいのある会社」ランキングにおいて、ベスト100に選出

~6年連続、物流不動産業界唯一のランクイン~

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、社長:山田 御酒)は、このたびGreat Place to Work® Institute Japan(以下、GPTWジャパン)が実施した2022年版日本における「働きがいのある会社」認定・ランキングにおいて、「働きがい認定企業」として認定され、認定企業のうち特に働きがいの水準が高い上位100社に選出されました。

プロロジスは、同調査の2017年版への初参加以来、6年連続で「働きがいのある会社」として選出 / 認定され、物流不動産企業としては唯一の選出となっています。

「働きがいのある会社」ランキング(ロゴ3434)

GPTWは、世界60か国で働きがいに関する調査・評価を行う専門機関です。2021年版までの同調査では、一定水準を満たす企業を「働きがいのある会社」として選出していましたが、2022年版では、一定水準以上の企業を「働きがい認定企業」とし、認定企業の中でも特に水準が高い上位100社を「働きがいのある会社 ベスト100」としてランキングを決定しています。

今回の日本における「働きがいのある会社」ランキングには524社が参加し、プロロジスは、ベスト100社のうち、中規模部門(企業規模)において29位にランクインしました。

IMPACT Day 2019
2019年5月実施 全社ボランティア活動 「Impact Day」 の様子

プロロジスは全世界で持続性のある企業活動に取り組んでおり、その一環として、働きがいのある職場づくりやインクルージョン&ダイバーシティの推進に力を入れています。プロロジス日本法人の取り組みの一例として、以下のような取り組みを行っています。

■ 人材育成・キャリア支援:

  • 従業員一人一人の能力開発を目的とした各種研修の実施
  • 社外研修参加費用の補助
  • 外部講師による社内各種英語講座の開講
  • オープンポジションに応募できる社内公募制度や、社内他部署への異動希望を申請可能なFA(フリーエージェント)制度
  • 入社1年目の従業員を支援するメンター制度
  • 継続的なキャリアビルディングを支援するスポンサーシップ制度

従業員のキャリア開発を支援するとともに、従業員の行動規範としての位置づけを持つ「日本版コアバリュー」の浸透に継続的に取り組み、働きがいのある組織風土づくりを推進しています。

■ 働きやすい環境の整備: 

  • フレックスタイム制度
  • コロナ禍における在宅勤務制度
  • 有給休暇、傷病休暇、子の看護休暇、介護休暇制度 (いずれも有給で、1時間単位で取得可能)
  • 年間計3日の地域貢献活動およびボランティア参加のための休暇
  • 育児・介護中の柔軟な勤務体系
  • 家事・介護・育児支援サービスの法人割引
  • 従業員とそのご家族へのサマーギフト・クリスマスギフトとして、家庭で楽しむことのできるホテル特製ディナーセットの提供

働きやすい環境の整備は、ワークライフバランスの向上に寄与しています。女性の積極的登用も推進しており、従業員の女性比率は約47%(2022年2月1日時点)です。

Great Place to Work® Institute について

Great Place to Work® Instituteは、「働きがいのある会社」に関する調査・評価・支援を行う専門機関であり、世界共通の基準でアンケートを実施し、「働きがいのある会社」と認められた企業を各国のメディアで発表している。調査委には毎年、世界約60ヵ国で7,000社、500万人以上の従業員が参加しており、世界最大規模の従業員意識調査である。

「働きがいのある会社」ランキングについて

「働きがいのある会社」調査は、GPTWが提唱する“全員型「働きがいのある会社」モデルに基づき、働く人へのアンケートおよび会社へのアンケートの2種類のアンケートで構成されている。これらの調査結果を世界共通の基準を評価し、一定基準を満たした企業を「働きがいのある認定企業」、上位100社を「ベスト100」としている。

【ランキング結果詳細】https://hatarakigai.info/ranking/japan/2022.html

プレスリリースをダウンロード