「プロロジスパーク習志野4」はマルチテナント型物流施設として開発されましたが、株式会社スタートトゥデイが全フロアに入居し、専用施設として利用されています。

免震構造を採用したほか、プロロジスのマルチテナント型物流施設の標準仕様である緊急地震速報システムや非常用発電機などを備え、防災面にも配慮した先進的物流施設です。成田空港と羽田空港のほぼ中間地点にあり、日本国内の最大消費地である東京都心部を始め、京葉湾岸エリアから関東圏を広範囲にカバーでき、国内物流の戦略的拠点として非常に有利な立地となっています。

 

地図

関連物流施設

プロロジスパークつくば1-A/1-B

プロロジスパークつくば1

つくば市

アパレルEC大手、株式会社スタートトゥデイ様のBTS型物流施設。フルフィルメント業務全般を行う物流施設として、同社が利用する「プロロジスパーク習志野4」に次ぐ基幹拠点となります。

プロロジスパーク習志野3(千葉県習志野市)

プロロジスパーク習志野3

習志野市

物流集積地である千葉県習志野市茜浜に立地するマルチテナント型物流施設。東関東自動車道「習志野IC」より車で約15分、京葉道路「幕張IC」からは約7km、JR京葉線「新習志野駅」より約2kmに位置し、都心部へのアクセス利便性に優れた施設です。

プロロジスパーク千葉ニュータウン 外観

プロロジスパーク千葉ニュータウン

印西市

国道16号に近接し、周辺の雇用環境にも恵まれたマルチテナント型物流施設です。首都圏消費地への配送利便性に優れ、雇用確保もしやすい周辺環境から、人手が必要なファッション・アパレルEC物流企業様などにご利用頂いています。