成田国際空港第6ゲートからわずか900mに立地するマルチテナント型物流施設。圏央道「大栄JCT」を利用し、茨城方面、神奈川方面へのアクセス利便性も高い立地です。

低床式のトラックバースを採用し、倉庫スペース前面の車路の一部には、多目的荷捌き場を設けています。また、働く人の安全とお客様のBCP(事業継続計画)の観点から、免震構造を採用した物流施設です。

 

地図

関連物流施設

プロロジスパーク千葉(千葉県千葉市)

プロロジスパーク千葉1・2

千葉市

東関東自動車道「千葉北IC」至近の敷地内に計画されているマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク千葉1」と、BTS型物流施設「プロロジスパーク千葉2」。大型の先進的物流施設の供給が少ない同エリアに、両タイプを併設することでスペースニーズを持つ企業へ多様な選択肢を提供します。

プロロジスパーク千葉ニュータウン 外観

プロロジスパーク千葉ニュータウン

印西市

国道16号に近接し、周辺の雇用環境にも恵まれたマルチテナント型物流施設です。首都圏消費地への配送利便性に優れ、雇用確保もしやすい周辺環境から、人手が必要なファッション・アパレルEC物流企業様などにご利用頂いています。