アパレルEC大手、株式会社スタートトゥデイ様のBTS型物流施設。保管と入出荷機能を備えた物流施設として、同社が利用する「プロロジスパーク習志野4」に次ぐ基幹拠点となります。「プロロジスパークつくば1-A, 1-B」の総延床面積では約14万㎡となり、プロロジスの開発実績としてもBTS型施設としては最大規模となります。

両棟は各階で接続され、2棟を一体活用した効率的な物流オペレーションが可能となる計画です。「プロロジスパークつくば1-A」の倉庫内にはプロロジスがアイキュージャパン株式会社様と共同開発した人感センサー付きLEDが採用される予定です。

 

地図

関連物流施設

プロロジスパーク習志野3(千葉県習志野市)

プロロジスパーク習志野3

習志野市

物流集積地である千葉県習志野市茜浜に立地するマルチテナント型物流施設。東関東自動車道「習志野IC」より車で約15分、京葉道路「幕張IC」からは約7km、JR京葉線「新習志野駅」より約2kmに位置し、都心部へのアクセス利便性に優れた施設です。

プロロジスパーク習志野4(千葉県習志野市)

プロロジスパーク習志野4

習志野市

「プロロジスパーク習志野4」はマルチテナント型物流施設として開発されましたが、株式会社スタートトゥデイが全フロアに入居し、専用施設として利用されています。

プロロジスパーク千葉ニュータウン 外観

プロロジスパーク千葉ニュータウン

印西市

国道16号に近接し、周辺の雇用環境にも恵まれたマルチテナント型物流施設です。首都圏消費地への配送利便性に優れ、雇用確保もしやすい周辺環境から、人手が必要なファッション・アパレルEC物流企業様などにご利用頂いています。