プロトラブズ|射出成型・切り出し加工

ご利用施設

プロロジスパーク座間2(神奈川県座間市広野台)2012年8月竣工

プロトラブズについて

プロトラブズ合同会社(以下、プロトラブズ)は、射出成型・切り出し加工のオンデマンド製造サービス事業を手掛けるグローバル企業です。独自のデジタル・マニファクチャリング・システムを活用し、プロトタイプや小ロット生産をオンデマンドで受託製造しています。短納期という圧倒的な競争力を武器に、アメリカ、フランス、ドイツ、イタリアなど世界8か国で事業を展開し、急成長をしています。

日本には2009年に進出。二度の拡張移転を経て、2016年にプロロジスパーク座間に入居しました。物流施設内に生産拠点だけでなく、本社機能、データセンター、カスタマーサービス機能を集約し、フロントからバックエンドまで一気通貫の事業体制を構築しています。

「プロロジスパーク座間2」内に設置されたプロトラブズ社の工作機器
「プロロジスパーク座間2」内に設置されたプロトラブズ社の工作機器

プロトラブズのニーズ/課題

プロトラブズの物流施設に対する要件は、今後の事業成長のスピードに対応できる、拡張性の高いスペースを確保すること。さらに物流施設を賃貸する大前提として、施設内に工場が構築できることが必須条件であるため、契約前に工場用途への変更に必要な課題や懸念事項を洗い出し、行政への申請項目についても一つひとつクリアにし、リスクを徹底的に排除することが必要でした。

「プロロジスパーク座間2」内のプロトラブズ社オフィス
「プロロジスパーク座間2」内のプロトラブズ社オフィス

プロロジスのソリューション

プロロジスのコンストラクション・マネジメント部は、大型装置を稼働させるための特別高圧電流、床面の耐荷重量、給排水設備、換気など、物流施設のスペック・仕様面の変更だけでなく、法規制の管理まで詳細に確認・調整。拡張性が高く工場用途で使える物流施設というお客様のご要望を満たし、円滑な移転をサポートしました。

「プロロジスパーク座間2」内に設置されたプロトラブズ社の工作機器 2
「プロロジスパーク座間2」内に設置されたプロトラブズ社の工作機器 2

 

関連ケーススタディ

光文書院流通センター様 製本作業エリア 640x360
光文書院流通センター|裁断・製本作業

光文書院流通センター|裁断・製本作業

株式会社光文書院の流通部門である光文書院流通センター。「プロロジスパーク座間2」で、印刷会社からの納品物断裁、自動封入、製本、加工、出荷作業までのすべてを対応しています。

プロロジスパーク千葉ニュータウン(千葉県印西市)
アルペン|拠点集約・物流再編

アルペン|拠点集約・物流再編

総合スポーツ用品販売の日本最大手であるアルペン。ECによる販売比率の高まりを背景に、「プロロジスパーク千葉ニュータウン」を自社のEC戦略拠点と位置づけ、物流再編に取り組んでいます。

「プロロジスパーク座間2」内、マガシーク様の専有部
マガシーク|撮影スタジオ

マガシーク|撮影スタジオ

複数のファッションECサイトを運営するマガシーク。ご利用中の「プロロジスパーク座間2」、1フロア約6,300坪のスペース内に商品撮影用のスタジオも設け、商品受注後から出荷までのフルフィルメントを完結しています。