リリース/最新情報

Award_global

プロロジス、「世界で最も持続可能性のある会社100社」米国1位・世界6位に選出

プロロジスは、「世界経済フォーラム年次総会(通称:ダボス会議)」で発表された、2019年の“Global 100 Most Sustainable Corporations in the World”(世界で最も持続可能性のある100社)に選出されました。

米国企業の中では1位、全世界では6位、REITとしては唯一のランクインです。またプロロジスにとって10回目の選出となりました。

人感センサー付きLED照明(リリース180329-1)

プロロジス、高天井用LED照明が省エネ大賞を受賞

プロロジスと、赤外線センサーメーカーのアイキュージャパン株式会社が共同開発した、高天井用の人感センサー付きLEDベースライト「Lumiqs(ルミックス) BL-640」が、一般財団法人 省エネルギーセンターが主催する平成30年度省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。

お知らせイメージ5

プロロジス、株式会社ポプラと災害時における物資供給の協定を締結

プロロジスは、株式会社ポプラと、災害時の物資供給に関する協定を締結したと発表しました。

 

グローバルリリース-Finance A

プロロジス 2018年第4四半期決算結果発表 要旨

プロロジスは、2019年1月22日(現地時間)に2018年第4四半期(10月~12月)の決算結果を発表しました。

プロロジスパーク京田辺(リリース181115)

プロロジス、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク京田辺」が竣工直後に契約率100%に

プロロジスは、201811月に京都府で竣工したマルチテナント型物流施設 「プロロジスパーク京田辺」において、あらたに2社と賃貸契約を締結し、201811月をもって契約率が100%になったことを発表しました。入居企業4社は、いずれもプロロジスの物流施設を利用中のリピートカスタマーです。

グローバルリリース - Transaction

プロロジス、物流施設開発用の融資枠「プロロジス・グローバルライン」を35億ドルに拡大

プロロジスは、このたび、物流施設開発用の融資枠である「プロロジス・グローバルライン」を35億ドルまで拡大させたと発表しました。これにより、円建てを含めると、プロロジスの融資枠は総額40億ドルとなります。

 

プロロジス 古河プロジェクトフェーズ2

プロロジス、BTS型物流施設の集積パーク 「プロロジス古河プロジェクト」フェーズ2に着手

プロロジスは、茨城県古河市において、BTS型物流施設5棟を擁するインダストリアルパークの開発に着手します。

グローバルリリース - Event A

プロロジス、2018年下半期に17棟の特定企業専用(BTS型)物流施設を竣工

プロロジスは、2018年下半期(7~12月)の間に、グローバルで17棟の特定企業専用(BTS型)物流施設を竣工しました。

Award_global

プロロジス、米国で運営中の物流施設が物流施設として世界で初めてWELL認証を取得

プロロジスは、このたび米国ワシントン州で運営中のPrologis Park Tacoma D棟が、物流施設として世界で初めてWELL認証を取得したことを発表しました。

報道機関の皆様へ

報道に関するお問い合わせは
下記よりお願いいたします。

報道関係者お問い合わせフォーム

※ウェブサイトに掲載されていない過去の報道/プレスリリースについてもこちらまでお願いいたします。


※報道機関以外の皆様は、内容に応じて
お問い合わせページよりご連絡ください。